子供の勉強を見る気力が不足している時の私の対応策!

アイキャッチ画像 勉強
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

勉強を教える気力が沸かない

皆さんこんばんは。日本はかなり暑くなってきているそうですね。

こちらは本当に寒いですよ💖
そんなニュージーランドにぜひ遊びに来て下さい💖

ところで最近娘の勉強について私のモチベーションが上がらず困っています
要するに「教える気持ちになれない。他の事やっていたい。」です。

…しかしそんなことをしたら誰も娘の勉強を見る人が居ないから、どんな気持ちであろうとやるべき事柄であったりします。

…しかしそうは言っても気力が湧かない、ハッキリ言えばもう横になりたいとも思う。

 

結果的に私はこういう時でも娘の勉強を見ますが、こういう時に結果として決まって起こってくるのは「娘の良くない態度に対し必要以上に怒ってしまう」という事。

 

毎回この失敗をした後、この世の終わりくらいの勢いで落ち込むので精神的に結構しんどいんです。なのでどうにかしてこの状況を回避したくアレコレと日々悩んでいます

こういった状況に置いて、それでも子供に勉強を教えるように自らの心を持っていくための打開策を見つけました。…というか試してみました。

スポンサーリンク

取った打開策

打開策その1

とにかく娘の態度を見ない。片目をつぶるどころか両目くらいつぶる。どんなに不真面目だったりしても、必要以上に怒って勉強にならないくらいなら、5%でもやっていた方がマシだし、私の後々の精神が天国レベルくらいに楽!

打開策その2

計算について、5~6回時間を十分に割いて図解して説明しているのに、毎回「分かった」と言っていたのに結果として一向も理解が進んでないし、依然突拍子もない間違いだし、その間違いや勘違いに真剣に向き合う態度も見られず不貞腐れたりした場合、明日の自分に怒らせるようにする(と決める!)。

明日の自分に怒らせる←ここすっごく大事

本来なら必要である「何故ここで間違いが起こったのか」とか吟味するのは高確率で地獄を見る。
私のスイッチが入る前に身を引く(と決める!)。

打開策その3

とにかく勉強の最中、適宜娘を抱っこする。これは娘が抱っこが好きだからやりますが、他の事が好きだったらその事をやっているでしょう。時間が押していても気にしない(ようにする!)。

打開策その4

最悪娘だけでも勉強できると思う事で私の心の負担を減らす。
というか、寧ろそろそろ娘一人で勉強出来ないといけないからその練習…と思う(ようにする!)。

スポンサーリンク

試してみた結果

その結果、私と娘の関係は良好に保て、目標には及ばずも良い感じで終わらせることが出来ました!
うぉー!!何この達成感!!💖

その後に疲れで「もぬけの殻」となれば良いだけなんて本当に楽ですよ!!

 

今回上げてみた対応策は、子供に真剣に勉強を教えたことのない人にとっては

「そんな当たり前の事を何を今更…」

と思いますが、私と同じ立場の方には共感して頂けると思っています。

ぜひぜひ試してみてくださいね!!

 

ランキングに参加しています。
1回のクリックが命を救います。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました