かいけつゾロリ

娘と育児
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

かいけつゾロリ

かいけつゾロリってご存知でしょうか?多分小学生のお子さんがいらっしゃるご家庭なら馴染みが深いかもしれません。

娘も他の同世代の子供たちの例にも漏れず、このかいけつゾロリが大の大好きなんですね。これを知り合ったきっかけは、こちらの図書館に少しだけ日本の絵本や書籍が置いてあるのですが、そこに1冊だけこのゾロリがありました。それを娘が読んだのがきっかけです。

そのゾロリですが、先日ありがたいことに大量の本を借りられる機会があったんですね。

お借りしたかいけつゾロリシリーズ

お借りしたかいけつゾロリシリーズ

案の定、娘は大興奮でした。帰宅したのがちょっと夜遅かったので読まないで寝るように伝えたんですが、読めないのが本当に残念そうで、ゾロリの絵本を名残惜しそうに眺めてはベッドに入りました。

しかしその反面、家について緊張の糸がほどけたのか、娘は寝る直前までさっぱり意味不明なダンスを私達に散々披露しては、娘を早く寝かせたい私達のMPを遺憾なく吸い取っていました。

読書意欲の半端ない娘

そして翌日。疲れの取れた娘の読書意欲は半端なく、隙間の時間を塗ってゾロリを読もうとしていました。学校から帰宅してからも「この勉強が終わったらゾロリ読んでいいよ」と伝えるや否や、勉強のスピードが当社比2倍くらいに加速します。なんでこの態度をいつも見せないのかと軽く1000回くらいは首を傾げる案件ですが、それだけゾロリが好きなんでしょうね。

しかしながら私はなかなかこのゾロリという名前に慣れず、ついついゴロリとか言ってしまいます。そう、ワクワクさんの影響です。ゴロリという度に、それは丁寧に「ちがう。ゾロリ。」と直してくれる娘。こういう所は本当に律儀な娘です。

 

娘と同い年のお子さんを持つ友人に訊いてみたところ、やっぱり娘の年代にはよく読まれている図書みたいです。学校の図書室でたまに借りてくるとのことでした。日本ではこういうステキ図書が学校の図書室ですぐに借りられて読めるって良いですね。

こっちでも紀伊国屋が来ないかなあと、少し思ったひと時でした。

 

追記:今日の夕飯も早々に切り上げてはゾロリに夢中になっています。ゾロリ一人旅なんつって。

 

ランキングに参加しています。
1回のクリックが命を救います。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
娘と育児海外移住生活
スポンサーリンク
スポンサーリンク
陽花里をフォローする
Sprouts Diary in NZ

コメント

タイトルとURLをコピーしました