海外在住の子の算数「比」の勉強、我が家の教え方 ~その1~

海外在住の子の算数「比」の勉強、我が家の教え方 ~その1~娘と育児
この記事は約5分で読めます。

ご機嫌?

皆さんこんにちは。前回の記事からちょっと日にちが開いてしまいました。
と言いますのも、非リア充代表の私ですが、珍しく色々と用事が立て込んでいて、またその後ちょっとしたトラブルがありまして、あんまり書く気が起きなかったんですね。

と私の近況報告はこのくらいにして、最近娘が聞き間違いからちょっとした勘違いをしたんです。

「運動をしなくなってから、体力が激減した」(例文は加工してあります。原文がアレすぎて)

と私が言ったのを

「運動をしなくなってから、体力がご機嫌した」

と聞き間違え、娘混乱。

(…ご機嫌したって何…?)

(…!もしや「増えた」ってことかな!!??)

 

と言う結論に行きつき、私にこう言って来ました。

 

「増えちゃダメなの?」

 

※「激減した」という話をしていたのに「増えちゃダメなの?」と娘に訊かれた私の動揺をお察し頂けたら幸いです。

 

スポンサーリンク

 

我が家流「比」の教え方

経緯

日本では小学校4年生の娘。
しかし去年までお世話になったPrimarySchoolのYear6のTerm3あたりから娘が頻繁にこう漏らすようになりました。

「比が算数の問題で出て来るんだけれど良く分からない」
「説明もあんまりしてくれない」

 

なるほど~。

「でも別に放っておいていいと思うよ、日本だって小学校6年生で習うんだし。その前に学ばないといけない事あるから、それまで気にしなくても良いと思う。」

私がこうフォローしたのですが、娘は納得しません。

「出来ないのは嫌なの!」

ほほー、なんと殊勝な。

(これは私がまた教える流れになるか…)

という事で今回のスクールホリディでは、小学校6年生で習うはずの「比」に取り組むことになりました。

 

スポンサーリンク

 

用意した教材

今のところ全て無料の教材を使っています。
中学受験をされる方はこれじゃ足りないかもしれませんが、今のところ娘は中学受験をする圏内に住んでおりませんので、基本的な考え方を押さえられたらと考えています。

「比とは何ぞや」のプリント

6年生算数ドリル 比と比の値 練習問題プリント
小学校6生の無料算数ドリルです。問題と解&#31572...

 

まず最初にこちらを使いました。

その理由としては「比とは何ぞや」という説明が大きく分かりやすく書いてあったからなんですね。
それからの易し目の練習問題。

これこそが求めていたものです。易し目の問題を数多くこなすことで「出来てる感」アップです!

体験ベースで更にお伝えしますと、このドリルは「比の表し方」「比の値」「等しい比」の3部作になっていますが、完全でなくても1回で全部やらせ、それを毎日繰り返したほうが良いかもしれません。その後部分的に分からない所があったらそこからじっくり深めるという形にするといいかも。

そうすると子供の心の中に疑問も多く生まれてくると思うんですね。
娘もそうでした。

「比の値って何?」
「比の値って仮分数じゃないとダメなの?」

これが実際に娘から受けた質問です。

これに答えられる素敵なサイトを見つけました。
それが下記のサイトです。

 

スポンサーリンク

 

子供からの「?」に答えてくれるサイト

下記のサイトに「比」についてのQ&Aがたくさん!
娘の上の2つの質問に対しての回答もありました。

なぜなに学習相談 算数|学研キッズネット

これをほぼ全部プリントして、以降このプリントと一緒に勉強することになりました。
ちなみにこのサイトは「比」だけじゃなくて他の単元についてもQ&A形式で答えているので良かったら参考にしてみて下さいね!

文章から比を表わす簡単な問題

そして次は比が実際にどのように使われているのか理解しなくてはいけません。
1:2の比の値が1/2と出せたところで「でってゆー」星人ですからね。

そこで私はこれを選びました。かなり易しい問題です。

比の表し方 | 無料で使える学習ドリル
文章から比を表す基本的な問題です。学習のポイント比の基本的な部分を教科書などでしっかり理解していれば、それほど難しくありません。応用力をつけるためには、日常の中で比を使って考えるものがないかを探してみてください。例)料理の調味料の分量など*単位が違う場合は、単位をそろえて比を表しましょう。比の表し方 練習問題基本的な比...

この中で「同じ比を下から選べ」という問題は比を簡単にしたり、比の値を求めたりすることで選べるという事、またこの2つの方法で選べるのかの理由も改めて説明しました。ここら辺の考え方がまだまだ難解なようです。

スポンサーリンク

併せて単純な計算ドリルも入れる

娘の場合、性格的に全てにおいて、ただ聞いて理解だけじゃ足りなくて

  • 「実際に手を動かす」
  • 「肌で実感する」(←これは外せない)
  • 「繰り返してそのやり方や考えに慣れる」
  • 「その後にジワッと分かってくる」
  • 「定着」

と言うのが定着までの大体の流れになっており、これが勉強についても同じことが言えたりします。
要するには「慣れ」が娘において大きなポイントなんですね。

そのため「慣れさせる」を目的に単純な計算問題を同時に解かせていきました。

使用したドリルはコレです↓

かみのドリル|比を簡単にする練習ドリル

具体的には

  • 比(九九の範囲・2個と3個)
  • 比(分数・2個と3個)

の連比を抜かしたものをさせました。
(連比は後でまた使うのでお待ちくださいね!)

 

スポンサーリンク

長くなったのでここでいったん切ります

ちょっと長くなったのでいったんここで切ります!

また続きをお楽しみに。

追記:こちらが続きになります。

海外在住の子の算数「比」の勉強、我が家の教え方 ~その2~
前のTermの時に比を習いだした娘。しかし先生の説明が不十分で良く分からないと漏らしてきました。出来る子はみんな塾に通ってる子ばかりと。悔しい思いを露わにする娘に、また夏休みホリディミッションとして「比」を教えることになりました。私の教え方を紹介します。

 

 

 

コメント

error:Content is protected
タイトルとURLをコピーしました