Intermediate enrolment formでまさかの記入漏れ

アイキャッチ画像 夫のこと
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

前回のお話

前回は準備から提出前までのお話まで書きました。

娘の進学とIntermediateの入学申込書
娘がYear6となり、来年はIntermediateに入学となります。その入学申込用紙を先日娘が貰って帰って来ました。しかしどうやって用意すればいい?その顛末を書いてみました。

沢山の書類が必要で、大変面倒臭くございました。

 

Enrolment formを提出してきました

金曜日の朝、要するに昨日の朝、娘を送ったその足でIntermediate schoolに行ってきました。

学校に着くとそこでは見慣れない制服を着た生徒達が楽しそうに学校に入っていました。校舎はPrimary schoolとまたちょっと違う様子で、Primary schoolを小学校低学年のクラスの雰囲気とするならIntermediate schoolは小学校5, 6年生のクラスの雰囲気と言っても良い感じですし、今考えたら実際年齢的にそうだったので何の例えにもなっていませんでした。本当にありがとうございました。

案内に従いOfficeに行き、そこに居る事務の方に声を掛けました。

「Enrolment formを持ってきたんですが…」

しかしその事務の女性は

「担当の方ならちょっと席をはずしています。あと5-10分経ったら戻りますがどうされますか?待って頂いて直接渡しますか?私からお渡ししても良いですが。」

と言うじゃないですか。こういうの本当に弱いんです。
本当は手渡ししたいんですが、正直さっさと渡して帰りもしたい。

そしてその帰りたい気持ちが勝ってしまったんですね。

 

「そちらの方で渡して頂いてもいいですか?」

 

OKとの返事を貰い、そのままさっさとIntermediate schoolを後にしました。

 

その後カフェへ

思ったより早く用事が済んだので、私と夫はリア充でもないのに調子に乗ってこんなカフェに行って来ました。

こんなカフェその1

こんなカフェその1

 

こんなカフェその2

こんなカフェその2

 

こんなカフェその3

こんなカフェその3

 

そしてこんなゴージャスモーニングティしてきました。

ゴージャスモーニングティ

こんなゴージャスモーニングティ1

 

こんなゴージャスモーニングティ

こんなゴージャスモーニングティ2

 

このデーツ&オレンジピールスコーンも甘すぎず、FlatWhiteのコーヒーにとても良く合っていました。

久し振りに午前休を取った夫もこのカフェに大満足。

 

「良いねぇたまにはこういう時間も。」

 

私達はそれはそれは優雅なひと時を過ごしました。

 

その後携帯電話に着信が

カフェを後にした私達は、夫は仕事、私は家と別行動となりました。そして家で諸々の用事を済ませていると、私の携帯電話に着信がありました。しかも家電からです。一体誰なんだろう…。何の用事でしょうか、私は全く用事はありませんが?

電話に出てみると、相手は矢継ぎ早に話しだしました。

おっとそんな早口の電話はまず領事館の許可を取っておくれよ…と言いたいところですが、その相手の女性はこんな風に話し出しました。

 

「受け取ったEnrolment formですが」

 

「Emergency Contactのところ」

 

「何も書かれていないんです。」

 

 

し、しまった!!!
すっかり忘れていたあああああ。
(心の叫び)

 

カフェに行ってる場合じゃなかった…。

月曜日に行って来ます

と言う事で月曜日にまたIntermediate schoolに行ってくることとなりました…。
まぁ無事に受付の人から担当の人に渡されたのが確認できただけでもラッキーだったとしましょう。

今度こそ。次回で決めますから…。

 

ランキングに参加しています。
1回のクリックが命を救います。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました