小学校5年生の作文「ことだけ作文~ニコニコ・ひやひや」

小学校5年生の作文 「ことだけ作文~ニコニコ・ひやひや」娘と育児
この記事は約4分で読めます。

皆さんこんにちは。

先日から娘は風邪をひき、新年度は始まったというのに結局初日からお休みしてしまいました。
発熱は一応したものの1日で下がった娘は元気を取り戻し、元気よく(!?)不機嫌に。
学校に行くつもりだったのに出鼻をくじかれて不満な様子を露わにしていました。
まぁしょうがないですよね、風邪ひいたら休むのが人の常です。早く良くなって下さいね。

…ということで作文です。
前回はドリルを使わない作文で、娘に気の赴くまま書いてもらいました。

今回はドリルに戻り、「ことだけ作文」というものに取り組みました。
その出来栄えを今回シェアします!

スポンサーリンク

小学校5年生の作文「ことだけ作文~ニコニコ・ひやひや」

今回は2つ作文を書いてもらいました。
2つありますが、内容的にはあまり変わらず

「最近自分がニコニコ(もしくはひやひや)したこと」

だけに絞って書くものです。

このドリルには書かれていないのですが、
「内容を絞って、1つのことだけを詳しく書く」という練習なのかなと見て取れました。

  • 設問に答えていく形で作文を書いていくと、全体的にまとまりのある文章になる
  • ひとつひとつの設問に詳しく答えていくことに意識すると、更に素敵な作文になる

私も娘にこのように伝えた上で、作文を書いて貰いました。

それでは海外在住の11歳の娘の作文をお楽しみください。
娘の名前以外は原文ママです。

「ことだけ作文~ニコニコ事件簿作文」

そのニコニコ事件は、1月23日に、クメウという場所に、いちご狩りに行った時に起こりました。

そのニコニコ事件の日、○○(注:娘の名前)とママとパパで、クメウにいちご狩りに行きました。最初に着いた所が、小さい方のいちご農園で、実はもっと大きいいちご農園があると知りました。そこで大きい方のいちご農園に向かいました。そこに着いたら、3人でおいしいいちごをおなかいっぱい食べて、3kgのいちごを持ち帰りました。

いちご農園で、いっぱいいちごを食べたとき、○○はとても幸せな気持ちになって、いつまでもいちごを食べていたい気持ちになりました。

その経験で○○は、大のいちご好きだと言う事と、やはり採りたてのいちごはスーパーで売っているいちごよりあまいと言う事が分かりました。

スポンサーリンク

「ことだけ作文~ひやひや事件簿作文」

そのひやひや事件は火曜日の空がうっすら小豆色になってきた時に、すこし暗くなったお風呂の冷たい床の上で起きました。

そのひやひや事件は、民衆があっと驚き、はっと息を飲むような、まさに「生きた心地がしない」事件でした。その日はパパが○○の歯磨きのしあげをした後に、○○がお風呂に入りました。その数分後にパパがお風呂に入ってきて、お風呂部屋がとてもきゅうくつになりました。なので○○は床に座りました。その時、パパが、泡を付けた目を閉じたまま、石けんをヌメヌメした右手で持ったのです。そしてだんだんと、その手から石けんがすべり落ちそうになり、危ないと思って頭を手で守り、落ちてくる石鹸の一撃を待ちました。十秒位待って、ゆっくりと顔を上げ、パパの大きな手にしっかりとつかまれた石けんを見ました。それと同時に、こちらを不思議そうに見るパパの顔も見ました。○○は微笑んで、うまくその状況を誤魔化しました。

その時○○は石けんが落ちて来るのではないかと恐ろしくなり、そしてまた、実際は落ちてこなくて良かったと、ほっと胸をなでおろしました。

その経験で○○は、目を閉じたまま滑り易い物は絶対に持たない方が安全だと言う事が分かりました。

スポンサーリンク

作文について私感

個人的には「ひやひや作文」は結構いい出来栄えだと思いました。実はこの2つの作文を書かせるときに娘にした声掛けが少し違ったんです。ひやひや作文の時は

  • 本を読んでいてカッコイイと思った表現はどんどん使っていくこと(間違いは気にしなくていい)
  • 自分が有名な作家であると思って書くこと

を心がけるように伝えたんですね。

「本を読んでいて『あ、この表現素敵だな。』とか思うことあるでしょ?そういう表現をどんどん使っていこう。ママも小学生の頃はそんな風に、ちょっと聞いた言葉でかっこいいと思った表現をドンドン使っていったよ。」

「もちろん最初は『この表現でいいのかなあ』って思うこともあるけれど、言葉というのは使えば使うほど馴染んでくるし、その内、その人の身になっていくから大丈夫。」

「○○ちゃんが有名な作家さんだと思って書いてみて!」

この頃の子供はまだまだ素直なところがあるので、その気になって書いてくれたようでした。

使用したドリルは「宮川式10分作文発展プリント」です。

コメント

error:Content is protected
タイトルとURLをコピーしました