【言葉の語源】「べそをかく」の「べそ」の意味を徹底調査しました!

【言葉の語源】 「べそをかく」の「べそ」の意味を 徹底調査しました!気になって調べたこと
この記事は約4分で読めます。

皆さんこんにちは。

先日算数の問題を解いていた娘が、いきなり笑い出したので、どうしたのかと訊いたら

「だってAさんBさんCさん、皆みかんを持ちすぎなんだもん!」

とのことでした。

みかんを全員で分けて、最終的に何個になったか、という問題だったんですけれどね。
娘が注目していたのはそこだったのか…。

ちなみにその後、数時間たった後も思い出してはゲラゲラ笑っていました。
いやはや、人は一体何がツボにはまって笑いが止まらなくなるのか、全く分からないものですね。

…さて今回は上のみかんについての会話とは全く関係のない、

「べそをかく」

の言葉についてです。

「べそ」って何でしょうか?どういう意味だと思いますか?

スポンサーリンク

「べそをかく」の「べそ」はどんな意味?

皆さんもよくご存じの「べそをかく」という言葉。
意味はご存知のように「供などが今にも泣きだしそうな顔になる」という意味ですよね。

でもこの「べそ」。

「べそ」って一体どんな意味か、考えたことはありますか?
私も家族との会話中、娘から「べそって何?」と聞かれるまでは全く考えたこともありませんでした。

とても気になったので調べてみたのですが、とても面白い意味や由来があったので、ここでシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

べその意味

「べそ」について調べたら、こんな情報に行き当たりました。

その元の語源は「へす(圧す)」。「へす(圧す)」の意味は下記のように

①力を加える。強くおしつける。「押し合い―し合いして初詣(はつもうで)をすませた」 ②圧倒する。

https://www.kanjipedia.jp/kotoba/0000067200

という意味があります。

その「力いっぱい押し付ける」状態を口で表現すること。
これを後に「へし(圧し)口」と言うようになりました。
一般的に言う、不機嫌になった時の「への字口」ですね。

ちなみにこの「への字口」の「へ」は純粋に「『へ』の形に口が歪む」様子から由来していて、「へし(圧し)口」とは関係ないようです。

その「へし(圧し)口」作る事を「へし(圧し)口を掻く」と言うようになりました。

「掻く」というのは「実際にボリボリ掻く」ことじゃなく、下記のような言葉

  • 赤っ恥をかいた
  • イビキをかく

の、「掻く」になります。
意味としては「(良くないことを)表現する」という内容ですね。

そして「へし(圧し)口を掻く」がずっと使われている間に少しずつ変化していき、最終的には「べそをかく」となったそうです。

なかなか興味深いですね。

この語源を知った時「へす(圧す)」なんて言葉初めて知った!とビックリしました。

でも案外身の回りでも気づかないうちに使われているようです。

スポンサーリンク

へす(圧す)の他の使い方

例えば

  • 「押し合いへしあい」の「へし」
  • 方言「おっぺす」の「ぺす」

これらも「へす(圧す)」から来ているんですね。

私の出身はこの方言「おっぺす」をよく使う地方に住んでいたので、ここですごく合点がいきました。ちなみに私は茨城県出身なんですが、ほかの県でも使うのでしょうか?

「おっぺす」は「押しへす(圧す)」という意味です。

昔の日本語はHの子音の代わりにPの子音を使っていた?

調べてみると、昔の日本語には子音のHの音がなく、江戸時代くらいまではFに近い音、更にその前はPだったようです。

そのため「押しへす(圧す)」”oshiHesu”という意味で「押っぺす」”oPpesu”と言っていたようですね。多少言いやすいようにその他も変えている感じですが。

なるほど!じゃないですか!?

この法則で作られた言葉は他にもあり、「ひかり」も「ぴかり」という擬態語からなんです。

日本語って面白いですね。

まとめ

色々と話が発展してしまいましたが、今回の本題「べそをかく」については

もともと「へす(圧す)」という言葉から発生し、

「へす(圧す)」という言葉→「へし(圧し)口」→「へし(圧し)口を掻く」→「べそをかく」

という流れだということが分かりました。

長い歴史を持つ日本語、これからも大切に使っていきたいですね。

スポンサーリンク

コメント

error:Content is protected
タイトルとURLをコピーしました