小学校5年生の作文「言葉をふやそう1~ことわざ」

小学校5年生の作文「言葉をふやそう1~ことわざ」娘と育児
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

前回の作文

皆さんこんにちは。

ニュージーランドは日に日に寒くなってきて、先日なんかは風も強いし雨も降るしでもしかしてもう冬到来かなと思わせるような天候でした。こちらの冬は本当にジメジメしています。
まぁでもそのおかげでインフルエンザが日本ほど流行しないので、これは本当に助かっています。

さて前回は「見たこと聞いたこと作文~遠足作文」でした。
図を見て作文をしていくというものですね。

今回の作文「言葉をふやそう1~ことわざ」

今回の娘の作文は、諺について。
諺を学びながら作文を書いてみようというものでした。

20個ある諺の内から娘は以下を選びました。

  • 鵜呑みにする
  • 狐につままれたよう
  • 鳩に豆鉄砲

さてどんな作文になったでしょうか、以下に紹介します。

「言葉をふやそう1~ことわざ」

ある町にチポテ君が住んでいました。ある日、チポテ君は友達のポテチ君の「火星人が地球にやって来る!大変だ!」と言う話をうのみにして、ドアを固定して、だれ一人入って来れないようにしてしまいました。

そのうち、もう一人の友達のチテポ君が遊びに来ました。けれども、ドアを開けようとしても、全く動きません。チテポ君はキツネにつままれたような顔になり、そのまま帰ってしまいました。それを見たポテチ君は、ハトが豆鉄砲を食らったような顔をしました。ポテチ君はチポテ君が火星人の話を信じるとは思わなかったのです。

スポンサーリンク

私感

私感としては親バカな感情しか生まれないのですが、ふと、作文好きの娘を見て、何故娘は作文が好きなんだろうなあと不思議に思いました。

毎日「作文書いてみる?」と言うと必ず「やった!」と返してくるんです。

考えてみたんですが、娘は

  • 創作活動が好き
  • 読書が好き
  • 手紙を書くのが好き

なんですね。
もしかしてこの辺りが関係してくるのでしょうか。

結局はこれだというものは見当たりませんでしたが、もう少し娘を観察してみようと思います。

ちなみにうちでは「宮川式10分作文発展プリント」を使っています。

コメント

error:Content is protected
タイトルとURLをコピーしました