【英語学習】”Angry cloud”の意味と使い方

【英語学習】Angry cloudの意味と使い方海外移住生活
この記事は約2分で読めます。

皆さんこんにちは。

先日ニュージーランドのおじいちゃんとお話ししていて、すごく面白い表現を聞いたのでシェアしたいと思います。

みなさん「雲が怒っている」って聞いたことありますか?
“Angry cloud”という英語なんですが。

いったいこれどういう状態を指すのでしょうか?

Angryの意味

Angryの意味を調べたらこんな内容でした。

怒って、腹を立てて、怒りの、怒りからの、怒った(ような)

引用:https://ejje.weblio.jp/content/angry

これは私たちも本当によく知っている意味です。

しかしそれ以外にもこんな意味がありました。

〈空・海など〉険悪な,荒れた,激しい.

空や海の状況を表す時にも使えるんですね!
今にも雨を降らしそうな、黒い雲の状態を指すようです。

 

スポンサーリンク

実際どんな状態がAngry cloud?

それでは実際にどんな状態をAngry cloudというのでしょうか?

Googleで検索してみるとこんな画像が出てきました。

Angry Weather Approaching

確かにこれは怒っていますし、一雨降らしそうです。

日本なら台風前とか夏の時期にみられるでしょうか。
ニュージーランドなら冬の時期によく見られる雲です。

 

Angry cloud の使い方

それでは実際にどんな使い方をするのでしょうか。調べたらこんな言い方が出来るようです。

Its so nice out, but look at that one angry cloud.

https://www.urbandictionary.com/define.php?term=angry%20cloud

ちなみに上でangry cloudは1つと言われていますが、雲は単数でも複数でも使えます。

 

スポンサーリンク

Angry cloudを使ってみてください

ということで今回はAngry cloudについて紹介しました。
ぜひ日常英会話で使ってみてくださいね!

 

 

コメント

error:Content is protected
タイトルとURLをコピーしました