自分の子供が英語に興味を持つ良い方法~バイリンガルの娘のアドバイス付き

自分の子供が英語に興味を持つ良い方法~バイリンガルの娘のアドバイス付き 勉強
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

英語必修の低学年化

皆さんこんにちは。

私は現在海外に居るので詳しくは分からないのですが、日本の学校では英語の履修が小学3年生から始まり、小学5年生くらいから必修科目となると聞いています。

いやほんと今の小学生スゴイです。そんな小さい頃から英語だなんて。
私が小さい頃は中学1年生からのスタートでした。今と比べたら5年くらいスタートが早いってことですよね。頭がまだ十分柔軟な年齢の内にリスニングを伸ばすのは良い事なのかもしれませんね。
そして願わくば私が経験した「お受験のための英語」でなければと思います。

英語が好きな小学生はどれくらい?

しかし私が推測するに、英語が好きな子供って、そんなに多くないんじゃないかなと思っていますがどうでしょうか?

もっとズバリ言うならば、英語が好きだと思う小学生って少ないんじゃないかと。

子供達も何となくカッコイイと思って使っている英語もありますが、それ以上のものを身に付けたいと子供が自ら思うのは、それこそ何か特別な理由がなければ難しいのかなと思ったりしています。

日本の社会は英語を話せる人が有利

しかし今の日本は「英語を話せる人」はビックリするくらい就職・転職・昇進に有利。英語を話せると言うだけでもうほぼ勝ち組です。しかもこの傾向は年々加速する一方。だからこそ親御さんたちも自分の子供にはしっかりとした英語を身に付けさせたいと思うのではないかなと。

私ももし日本に居たら、きっと娘には英語をしっかり学んで欲しいと思うだろうなと思います。多分鬼の形相で「勉強しろ!!!」とか言うのかなと軽く予想は出来ますね(汗

スポンサーリンク

どうやったら子供が英語に興味を持つのか

でもどうやったら子供が英語に興味を持つのでしょう
英語Love!とまでは行かないでも、自ら好んで英語を勉強したいと思うようになるキッカケって何だろうなあと私も思う訳です。

私自身の話をしますと、私は比較的英語に抵抗がない方でした。勿論単語を覚えるのはすごく大変でしたが。それは英語の先生との相性がそこそこ良かったというのもあります。
しかし主な理由としてはやっぱり私の興味と合っていたという事なんだと思います。
簡単に言えば、私は海外の人達とその現地の言葉で会話をしてみたいという気持ちを中学1年生の頃から持っていたんです。

しかしそういう個人の興味に全て委ねてしまうなら、英語は好きな子は好きだけれど、好きじゃない子は結構しんどい思いをするんじゃないかなと思います。そうなるともう子供は勉強しなくなりますよね。

そこで「我が子は英語に興味がないのね」とすんなり割り切れる親御さんなら、必死に英語教育を!と意気込まなくてもいいのでしょう。
でもそこを何とか!子供に英語に興味を持って貰いたい!!と思う親御さんの方が多いんじゃないかなと思うのですがどうでしょうか。

そう考えると、どうやったら、どういう方法でなら子供は英語に興味を持ちやすいのかを知りたくて堪らなくなりました。

バイリンガルの娘に訊いてみた

そんな訳で娘に質問を投げかけてみました。

娘は目下10歳、日本で言うなら小学校4年生です。娘に訊いた理由は、娘は英語を必修教科として勉強している真っ最中の子供と同年齢なので、どうやれば興味を持って貰えるか等、何かコツを知っているかなと思ったからなんですね。

以下が娘からのアドバイスです。

スポンサーリンク

ゲーム感覚でやると良い

英語の授業の時に単語の練習をゲーム感覚でやると子供も楽しめるんじゃないか。例えばある単語の意味について選択肢から選ばせるとか。

勝った人には賞品を用意すると燃える

ゲームで沢山遊んで最終的に勝った人には何か賞品をプレゼントなんてしたら子供達も燃えると思う。

 

ここでふと疑問

娘は上記のようなことを鼻高々に教えてくれました。さすが女の子ですね、何でも教えたがり屋さんです。

しかしここまで娘の話を聞いてきて、1つ私の心の中に疑問が浮かびました。

娘は毎週1回、学校で中国語を習っています。特にニュージーランドでは使う必要のない言語ですが、話せたら将来ビジネスチャンスが増えるというものです。

これは正に日本における英語の立ち位置と全く一緒ですよね。

 

そこで私はこのような質問をしました。

「それじゃさ、今教えてくれたようなことを、○○ちゃんの中国語のクラスでやるとしたら、中国語に興味がわくと思う?」

娘「いや、わかないね」

 

 

 

…ダメじゃん!!(私の心の声

 

質問を変えて再度訊いてみた

「それじゃさ、○○ちゃんは今英語が出来るようになったけれど、何故覚えようと思ったの?」

娘はこう答えました。

「だって、自分以外みんな英語話しているけれど、何を言っているのかさっぱり分からなくて。」
「いきなり話しかけられてなんか変な事言われているのかなとか思って。なんか怖いなとか。」
「だからこれは覚えないといけないなと思った。」

 

要するに環境なんだそうです。
覚えないといけない環境だったから覚えたと。

 

スポンサーリンク

私なりの解決策

そう考えると日本で毎日少しずつ英会話するより、思い切って親子留学して、英語を話さざるを得ない環境を強制的に作ってしまう方が効果的な子も多いんだろうなと思いました。

日本で英語の塾や英会話を学ぶのって結構お金掛かりますよね。月に数万掛かるんじゃないでしょうか。そんなに高額な教材ですが子供が興味を持たなければ効果はその分薄れてしまいますよね。

月々に少しづつ払うより、一年くらいお金を溜めてフィリピンでの親子留学で使う方が、子供が英語に興味を持つ良いきっかけになって今後の勉強も捗るのかなと思いました。

 

この情報が皆さんのお役に立つといいなと思います。

 

ランキングに参加しています。
1回のクリックが命を救います。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク
勉強娘と育児
スポンサーリンク
スポンサーリンク
陽花里をフォローする
Sprouts Diary in NZ

コメント

タイトルとURLをコピーしました