娘がIntermediate Schoolに入学、新年度スタート!

娘がIntermediate Schoolに入学、新年度スタート! (1)中学校(intermediate school)
この記事は約3分で読めます。

今日は節分

こちらは毎日暑いですが、日本の方々は寒い日を過ごされているのでしょうか。
ところで今日は節分ですね、皆さんのご家庭では何かされる予定ですか?
うちは何もしませんが、節分だという事は伝えておこうと思っています。

 

ちなみに以前から考えていたんですが、ブログをやめるか、もしくは引越しを今後するかもしれません。(もちろんしないかもしれません)
新しい所でイチから始めるのも面白いかなあと思っています。
とは言えかなり先なのでこの先どうしようか、ゆっくり考えようかと思っています。

 

スポンサーリンク

 

我ながら親バカ

この親バカ加減はどのご家庭も一緒だとお察ししますが、先日改めて自分が親バカであることを再確認しました。

  • 娘が朝起きてきた→それまでしっかり寝たんだね、かわいい。
  • 起き掛けにボーっとしている→まだ頭が上手く回ってないんだね、かわいい。
  • ゆっくり着替えている→ちっちゃい手で着替えられて偉い、かわいい。
  • 制服のシワが気になっている→娘なりの美意識が育っている、かわいい。
  • 私に「アイロン掛けて下さい」とお願いしてきた→しっかり人にお願い出来て偉い、かわいい。

 

何でも可愛く見えるのはどうしてでしょうか。いいえだれでも。(ACより)

 

新しい学校

新学期の学年集会

娘は去年を以てPrimary Schoolを卒業し、今年からIntermediate Schoolに進学しました。
そして30日に新生活の初日を迎えました。

初日の娘は少し緊張した面持ちで学校に到着。
ニュージーランドは当たり前ですが入学式なんてものは存在せず、しかし最初に軽い学年集会みたいなものがあるので、体育館の前で私と一緒に始まるのを待つことに。

しかしそれから10分くらい経ったころ、Primary Schoolで仲良しだったお友達を発見!

それからは娘の注意は全て、私からその友達に移ることに。
こうやって子供は親から離れていくんですね。
まぁそうあって当然な年齢なんですが、ちょっと寂しいものです。

集会がその後すぐに始まり、クラス割も発表。娘は自分のクラスに向かっていきました。
仲良しのお友達は違うクラスでした、残念。

私は娘と別れ家路につくことに。

 

行き帰りの通学の問題

しかしひとつ問題点がありまして、それは学校が家からちょっと遠くなってしまったことです。

徒歩で片道40分。

取りあえず一人の時は徒歩、娘と一緒の時はバスを使っています。
まぁすごく遠い訳じゃないので歩いても良いんですが、何しろ太陽が殺人的なので死ぬ前に家に帰りたいなと言う気持ちです。
しかしながらきっと冬になったらなったで台風並みの暴風雨を避けるために使う事になりそうです。

なあんだ結局バス頼みか、と今分かりました。

 

今日は娘は学校で算数のテストを受けて来るんだそうです!
また結果が出たら書くかもしれません。

 

 

コメント

error:Content is protected
タイトルとURLをコピーしました