【迷ったらコレ!】2019年10月版 小学生向けKindle Unlimitedオススメ本

2019年10月版子供向けKindle Unlimitedオススメ本 (1)Amazon&Kindle
この記事は約7分で読めます。

定番のサービスKindle Unlimited

皆さんこんにちは!ニュージーランドはだんだんと暖かくなってきていますが、そう感じる反面、血という事は日本は次第に寒くなってきているんだなと思ったりします。

日本の台風は大丈夫だったでしょうか。
被害に遭われた方が一日でも早く回復することを祈っております。

…さてここからが本題。
今回はKindle Unlimitedの対象本について語ろうと思います。

 

知らない人は居ないAmazonのサービスKindle Unlimitedですが、月額1000円払えば対象の本が読み放題という内容で、今流行のサブスクリプション型サービスの先駆けともいえるものだと思います。

対象の本というと割と限られているように感じますが、案外選べる選択肢が広いです。

いや読みたい本全てが対象という訳じゃないですが、なんというか図書館みたいなイメージだと思って頂ければ案外合っているような気がします。

読みたい本、全てが全て今ここにある訳じゃないけれど、それでも以前から読みたかったなあと思う本が沢山あるというイメージ。

 

そしてこの対象の本は定期的にどうも入れ替わるらしく、読みたかった本が何かの時期にこの対象の本になることもあります。実際私もこの間それを経験し、興奮気味にKindleに入れたことがありました。

最近の子供向けKindle Unlimitedのオススメ本はこちら

今回おすすめする子供向けKindle Unlimitedの本は、どちらかというとファンタジーモノや冒険モノが好き、推理モノが好きというお子さん向けかもしれません。ハックルベリーフィンが好きなら私の紹介する本は気に入って下さると思います。
もちろん万人受けするような本も紹介しますので良かったら読んでみて下さいね。

スポンサーリンク

 

十五少年漂流記

これは冒険モノが好きな子にはオススメです。ザ・不朽の名作ですね。
内容は下記の通りになります。

夏休みを、ニュージーランドの港で帆船に乗って遊んでいた少年たち。だが、舫綱がほどけ、船は外洋へと流れ出してしまった。嵐に遭いながらも、南太平洋を漂流した一行は、やがて見知らぬ島に流れ着く。十五人の少年たちを待ちかまえるさまざまな冒険の数々。勇気と情熱への熱い想いを若者たちに伝えるメッセージとして描いた、巨匠ヴェルヌ不朽の名作。完訳決定版。

ニュージーランドという散々聞きなれた場所が舞台になっているので余計に食いつきが良かったです。読み終わると

「この作者さんの他の本はないの~?」

と訊いてきました。
なので今度この本を入れようかなとも思います。

 

 

君型迷宮図

これも娘はかなり気に入ったようです。作品紹介は下記になります。

「言葉屋」シリーズの作者が贈る 異色ファンタジー。
記憶を失い、見知らぬ人たちの中で目覚めたぼく。なんとここは世界の記憶が集まる迷宮だというけれど……。記憶迷宮で出会った彼らの正体、それは……。朝日小学生新聞の連載小説(2018年7~9月掲載)が電子書籍になりました。

朝日小学生新聞に連載されていた小説が本になったという事ですから、内容的にも子供に相応しいものでしょう。安心して読ませられました。

ちなみに言葉屋はもう既に読んでいて、こちらもとても面白かったようです。

3巻までの紹介ですが、実際6巻までありますのでご興味のある向きはチェックです!
勿論全巻Kindle Unlimited対象商品です。

セカイヲカエル

やっぱり同じ世代の子供が主人公となる物語は読みやすいんでしょうね。
娘は黙々と読み耽っていました。

内容紹介は下記となります。

「世界を変えるにはどうしたらいいんだろう?」――あなたも自分なりに考えてみてください。
アヤが引っ越した先は、なんと20年前?!――小学6年生になる直前の春休み、突然引っ越しすることになった彩人(アヤ)。おさななじみで中学受験の勉強にはげむ連司(レン)。現在と過去にわかれて過ごした、男子ふたりの視点でえがいた1年間の成長物語です。妹がいじめられていることを知り、自分が友だちにしていたことに気づいたレン、ちょっとしたことで仲間とけんかしてしまったアヤ。なんとかしようと、それぞれ行動を起こします。

わたしのチョコレートフレンズ

個人的には全く気が乗らないタイトルなんですが(失礼!!)内容的にはすごく良かったそうです。娘がとても気に入っていました。いじめを扱った物語だそうです。詳細は下記になります。

あなたにとって本当の友達とは…。親友を見つけるのって、甘くない!
朝日学生新聞社児童文学賞第4回受賞作『星空点呼 折りたたみ傘を探して』で、児童文芸新人賞を受賞した嘉成晴香さんの書き下ろし作品です。『星空点呼 折りたたみ傘を探して』『セカイヲカエル』につづく、いじめをめぐる物語の第3弾です。小学5年生の凛太と、夏に隣に越してきた万緒が語るお話。新学期、万緒は凛太と同じクラスに。万緒は友情をテーマに書き始めていた物語を、クラスで理想的な親友同士に見えた2人をモデルに変更して書き進める。凛太はおさななじみの直政が、同じスイミングスクールに入ってどんどん力をつけていく姿に、距離を感じ始める。物語のモデルにした親友2人の仲が次第にくずれ、万緒の書く物語がクラスの出来事とリンクしていく。

 

 

星空点呼 折りたたみ傘を探して

順番が前後しましたが、この作品は上二つの本の作者さんのデビュー作だそうです。

  • 第43回児童文芸新人賞受賞作。
  • 第4回朝日学生新聞社児童文学賞受賞作。

という賞を頂いているので、内容的にも問題なしですね!内容の詳細は下記になります。

いじめに悩む小学生や家から出られないひきこもりの若者らが夢を見つけて前に進んでいく物語です。子猫を助けようとして電車にはねられて亡くなった少年が、深刻な悩みを抱えながら生きているかつての友だちや子どもたちを励まし、立ち直らせます。語り手がつぎつぎとかわり、読み進めるうちにいろんな人や場面がつながっていく構成もおもしろいと、評価されました。今の子どもたちに、夢をみつけて生きていくこと、人と人とのきずなの大切さをうったえる作品です。

レンタルロボット

私は読んでないので詳しくないのですが、気軽に読み始めた娘も最後はうるっと来たそうです。
評価も高いのでみんなが好んで読める本だと思います。

内容の詳細は下記になります。

学校の帰り道、「ロボットかします」という店を見つけた健太は、自分のこづかいで弟ロボットを手に入れた。願いがかなって楽しい日々が続いたが、兄として我慢しなければならないことも出てきて、けんかすることも。第19回小川未明文学賞大賞受賞作品。

名探偵の謎とき推理! 世界の名作ミステリー

これは推理モノが大好きな子供にはもう超うってつけ!!!

以下が目次となっております。

【目次】
●名探偵ホームズ 「まだらのひも」/ コナン・ドイル
☆少女探偵ヒカルの推理クイズ・1
●名探偵ホームズ 「赤毛連盟」」/ コナン・ドイル
☆少女探偵ヒカルの推理クイズ・2
●少年探偵団「怪人二十面相」」/ 江戸川乱歩
☆少女探偵ヒカルの推理クイズ・3
●「モルグ街の殺人」」/ エドガ―・アラン・ポー
☆少女探偵ヒカルの推理クイズ・4
●怪盗ルパン 「ルパン、逮捕される」」/ モーリス・ルブラン
☆少女探偵ヒカルの推理クイズ・5
●怪盗ルパン 「刑務所のルパン」」/ モーリス・ルブラン
☆キャラクター診断
●「心理試験」」/ 江戸川乱歩
●「オペラ座の怪人」」/ ガストン・ルルー
●作家と作品
●少女探偵ヒカルの推理クイズ答え
●キャラクター診断結果

 

月刊Newsがわかる 2019年10月号 

特に10月号がオススメという訳じゃないのですが、この雑誌がどういうタイミングかなのか分からないのですが数冊いつもKindle Unlimitedの対象本になっています。
毎回扱う内容が違って、今回紹介している雑誌は税金を取り上げていますが、全て子供に分かるように説明してあるそうで、娘も楽しく読んでいました。

物語に少し疲れたらこういう雑誌もいいのではないでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

興味があればお早めに

対象本は定期的に入れ替わるので、もし読みたいなと思ったらそれが対象本から無くなる前に試してみるといいかもしれませんね。また次回は違う本を紹介したいと思います。

 

 

 

 

コメント

error:Content is protected
タイトルとURLをコピーしました