The last strawの意味と使いドコロを詳しく解説!

The last strawの意味と使いドコロを詳しく解説!英語
この記事は約3分で読めます。

The last strawとは!?

皆さんこんにちは。

先日ネイティブの友人と話していて、また面白い英語の諺を教えてもらいました。

“The last straw”

皆さんこの諺をご存知でしたか?
今回はこの英語の諺について取り上げたいと思います。

 

The last strawの語源

The last strawですが、語源はこのようにあります。

 

 

the proverb “it is the last straw that breaks the camel’s back”

つまりは

“it is the last straw that breaks the camel’s back”

という諺を短くしたもののようです。

「最後の葦がラクダの背中を壊した」

が直訳ですが具体的にはどんな状況なのでしょうか?

 

スポンサーリンク

The last strawの意味

The last strawを辞書でひいて見ると、以下のようになります。

 

the final/last straw

the last in a series of unpleasant events that finally makes you feel that you cannot continue to accept a bad situation

翻訳するなら

不愉快な出来事が連続していて、「もうこれ以上耐えられない!」と思うに至る最後の出来事

 

だそうです。

あ、これなら日本語でもありますよね。

 

「堪忍袋の緒が切れる」

 

と同じ意味だと考えて良さそうです。

 

The last strawはどんな時に使う?

これでThe last strawについて意味は分かりました。

それではどんな時に使うのでしょうか?
ネイティブの方にこんな風に教えてもらいました。

 

色々と言い合いをしたり、その雰囲気が長い事続いたりした後、最終的にまた悪いことを言われたりされたりした時に

“That’s the last straw!!!”

と言い放って出ていく

 

使い方もやっぱり「堪忍袋の緒が切れる」と一緒でした。

 

そんな訳で日本人にも馴染みが深い”The last straw”。
英語の会話でも出来る限り使って、身に着けたいですね。

これが英語学習される方の助けになりますように。

 

 

 

 

コメント

error:Content is protected
タイトルとURLをコピーしました