【NZの高校生活】Mathex2022開催!数学大会に参加した娘の本気

【NZの高校生活】Mathex2022開催!数学大会に参加した娘の本気海外移住生活
この記事は約5分で読めます。

皆さんこんにちは。

ここのところ少しだけ体調がすぐれない私ですが、皆さんはどうでしょうか?特に日本だと暑さ厳しい時期ですので、どうぞご無理のないようご自愛くださいね。

さて先日娘はMathexという数学大会に参加しました。
そのことを今日はお話したいと思います。

スポンサーリンク

Mathexとは

Mathexとは私が住んでいる市(Auckland)で行われている、学校対抗の数学大会です。

  • 参加可能の学年はYear7-10(日本の小学6年~中学3年)まで。
  • チームはYear7-10混合ではなく、それぞれ学年ごとで結成。
  • 1チームは4人体制。

学校対抗の競技ですが、更に言えばチーム対抗なので、同じ学校でもチームが違えばいわば敵チームとも言えます。

競技の流れとしては、

  • 4人のうち3人が数学の問題を解く担当で1人が回答を採点者に持って行く担当。
  • スタートの合図と同時に問題を解き始め、解き終わったチームは、走る担当のメンバーが走って回答を採点者のところに持って行き採点を受けます。
  • 正解だったら次の問題が渡され、不正解なら間違った回答を返されます。
  • それをチームに持って帰り、次の問題を解き(もしくは不正解の問題の解き直し)ます。
  • それの繰り返しで、どのチームよりも早く20問を解き終わることを競う(最長30分の時間制限)。

という感じです。

早く解き終わったチームの上位3チームが入賞となり、その後の表彰式で表彰…という流れになっています。

Youtubeに2015年のMathexの動画がありました。これで具体的な様子が分かるかと思います。

今年度はこの動画より参加者が多い印象です。
去年はコロナでキャンセルとなったので、満を持して今年度!という意気込みのある方が多かったのかもしれません。

今年度、娘の学年(Year9)は140チームありました。
各学校2チームまで参加可能で、殆どの学校が2チーム参加していました。
なので高校は70校以上の参加だったのだろうと推測します。

スポンサーリンク

娘の高校でのMathex2022メンバー選抜と練習について

まず学年でMathexの選抜メンバーを決めるEntrance Examがあったようです。
そこで500名の中から20名が選ばれました。

その20名がまずスタートメンバーとして選ばれ、Mathexの練習を開始。
そしてMathexの前月に最終選抜が行われ、上位8人が最終メンバーとなる流れです。

…でした。

が、練習が大変だったようで脱落者が続出。
結局は最終選抜なしで残ったメンバー8人がそのまま出場となりました。

もうすっかりメンバー全員と仲良くなった娘は「こうなったら全員で出場したい」と言っていたので、このお知らせには大歓喜。その上、娘はチームリーダーとなったので更にやる気がグンと上がったようです。

ちなみに先ほど練習が大変と書きましたが、練習時間は月曜日と火曜日のランチタイムを使って行われたので、ご飯をしっかり食べたい人は確かに大変だったのかもしれません…。

本来なら前回のスクールホリデーのどこか1日を取って、6時間の最終集中練習も予定されていたのですが、コロナ禍で中止。これには娘もとても残念がっていました。

スポンサーリンク

Mathex2022当日、競技開始前の娘の様子

Mathex当日、会場は18:30から開場、19:00から競技開始でした。
私たちはちょっと17:30に現地の近くに到着し、早めの夕飯を現地の近くで取っていました。
日本人家庭らしく、早め早めの行動です。

しかしあんなに食べるのが好きな娘は、必要最小限しか食べず夕飯終了。
かなりビックリしましたが、きっとMathexのことで頭がいっぱいなんでしょうね。
チームリーダーとして頑張らねば!という意気込みなんでしょう。

夕飯も予想以上にさっさと終わったので、予想外の待ち時間が…

そんな待ち時間も終わり、いざ会場に向かう段階に。

更にMathexの意気込みを新たにした娘は、足取りを早め私たちをどんどんと引き離し、ずんずんと早足で進んでいきました。
対して私たち親は、初めてのことだし折角なのでと、キョロキョロあっちこっち見てゆっくり歩く、そうお上りさんのよう。

そんな呑気な親(そう私です)が会場を背景に娘の写真を撮ろうと思い

「ねぇねぇ、○○ちゃん。ちょっと振り返ってくれる?」

とお願いしたのですが

ガン無視

もう一度声を掛けると、

怒った顔で渋々と振り向き「さっさと撮れ」モード

…もう心は完全にMathexモードだったのでしょう。

「もう遅れちゃうんだけど。」

きっぱりと言ってきました。
いや本当ですよね。私も参加する本人だったら確実にそう言うと思います。

会場に入った娘は、程なくして他のメンバーと合流。
そこからはもう私たち親のことなどお構いなし。他のメンバーと楽しそうに話に花を咲かせていました。

さてそこからはMathex開始前までにチームで軽い最終ミーティング。
そうしてYear9の競技が始まりました。

スポンサーリンク

Mathex2022終わっての娘の感想

競技が終わり、残念ながら娘のチームは上位3位には入れませんでした。
しかもニュージーランドの国らしく、3位以下は何位なのかの発表もナシ。
(日本だったら、全てのチームが何位なのか、しっかり計測くれそうですよね)

しかし娘はとっても満足そう。

もちろん「悔しい!!」という気持ちはあったようでした。

「最後の方で難しい問題があり焦ってしまった…

「あれがなかったら時間内に100点は取れた…

けれど

「100点中90点は得点できた!!来年は100点を取る!!」

笑顔の娘でした。

スポンサーリンク

Mathexありがたや

私と娘は日々家庭学習で数学を勉強していますが、家庭学習だけだと、どうしても「強い向上心」というのは生まれにくいと私も感じていました。

なのでこのMathexという機会は本当にありがたかったです。

来年Mathex2023、今度こそ100点取れますように。
願わくば上位3位に入っていますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました