【両親との顔合わせ】私の実家に初めて挨拶に来た夫がノックアウトされた理由

アイキャッチ画像 夫のこと
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

料理が大好きなわが母

うちの場合も他の例に漏れず、結婚前に初めて夫が私の実家に来てうちの両親に挨拶をした事があるんですが、その時の私の両親の対応について、未だに話題に上ることがあります。

私の母親は何しろ手作りが大好きで、作る料理は大体手が込んでいるんですね。けんちん汁、金平牛蒡、ささ身のチーズ&大葉入りフライ、天ぷら、唐揚げ、炊き込みご飯等は母親の大の大得意料理でした。お菓子はさすがに買っていましたが、それでもハウス食品のプリンミクス、ゼリエースは結構出場回数は多かったです。

まだ私達(私と姉)が小さい頃は、私達もだいぶ食べ盛りだったので、それこそ母も頑張って作っていたのですが、もう20歳にも近づいてくるとそんなに食べなくなってくるので、母もかなりガッカリしていたと思います。

ガッカリしている母に最大の朗報

そしてかなりの年月が経ち、こういう機会で夫が初めて実家にやってくる話を聞き、男っ気のない私の実家に男性がやってくるという事で、うちの母は相当に大喜び。かなり期待していたんだと思います…料理の消費量を。

娘の立場から推測するに、母親は恐らく数日前から、それはそれは色々な下ごしらえをしていたんだと思います。おかげで当日に出された食事は

  • 具沢山けんちん汁
  • 種類豊富の刺身
  • ファミリーサイズの寿司
  • 具沢山炊き込みご飯
  • 大盤振る舞い焼き鳥
  • サラダ
  • 揚げたてサクサク大葉の天ぷら(実際目の前で揚げ続ける)

 

ほぼ主役を張る料理を目の前に出され、当時それはそれは食欲旺盛な夫でしたが、これにはかなりたじろいだ様子でした。しかし夫はとにかく初めてのご挨拶で印象を悪くしてはいけないと、食べ切ろうと頑張っていました。

それぞれ一人前以上は食べたでしょうか。
さすがに大食漢の夫もお腹が辛くなったようで、箸休めにサラダを食べようとしたのですが、

「サラダなんて遠慮なさらず、他の良いもの食べてくださいね」

という母からの優しい言葉に、ただ

「あ、はい。ありがとうございます!」

と、お腹の調子なんか度外視で、他の主役級に再度挑戦を挑まざるを得ないという状況でした。

 

しかし大葉の天ぷらは目の前で揚げたてを食べられるという贅沢な逸品で、今でも夫が

「あれはねぇ本当に美味しかったんだよ…サクサクッとしていて本当に美味しかった…」

と言う程の美味しさだったようですが、何しろ食べても食べても、嬉々として母がそれを上回る量を上げるものだから、食べても減らない、むしろ若干増えていくという、宜保さんと新倉さんもビックリの怪奇現象となってしまいました。

 

スポンサーリンク

未だに口にしない

結局食べきれず、残念そうにする母が残りをタッパーに入れ大葉の天ぷらを持ち帰ったのですが、それ以降、夫は大葉の天ぷらを口にすることはなくなりました。そう未だに食べたいとは一言も言いません。そう、結婚11周年の記念日となった今日でも。

 

ランキングに参加しています。
1回のクリックが命を救います。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
夫のこと海外移住生活
スポンサーリンク
スポンサーリンク
陽花里をフォローする
Sprouts Diary in NZ

コメント

タイトルとURLをコピーしました