ニュージーランドの医療事情(私の場合)その6

アイキャッチ画像海外移住生活
この記事は約2分で読めます。

前回のあらまし

前回のお話からの続きです。

ニュージーランドの医療事情(私の場合)その5
こちらで人生初めての骨折を体験しました。その骨折の治療法に関して起こった紆余曲折を交えながら、あくまで私の例を通した医療事情についてお話します。

タクシーの手配の方法

今回図らずもACCでタクシーを頼む機会に恵まれた私ですが、その方法について記しておきたいと思います。

先払いで後から還付してもらう方法

これは他の物品などと一緒で、タクシーを利用し、料金を支払った後のレシートを申請用紙に添付して申請するというモノです。至ってシンプルですね。

スポンサーリンク

ACCから直接支払ってもらう方法

私はこれをメインで使っています。

  1. ACCに行き先を登録し、ACCから番号を貰う
  2. Auckland Co-op Taxisに電話をしてタクシーの手配をする。その際にACCから貰った番号を伝えておく(もちろん今でなくても、今日の午後使いたいから予約したいというのもアリ)。予め登録した行き先のうち、どこに行くか伝える。本人確認のため、名前を聞かれる。
  3. 受付の人から予約番号を貰う。その後、手配されたタクシーのカーナンバーをテキストで貰える。
  4. 程なくしてタクシーが来る(遅くとも10分以内には来る)。
  5. 来たタクシーは本当は行き先を知っているはずだけど、たまに全く知らないで走り出すタクシーも(一体どこに行こうとしていたんだ)。乗ったらすぐに行き先を改めて伝えるのがベター。
  6. 着いたら料金払わずそのままバイバイ。

外出先から自宅に帰る時も、同じ手順で手配をします。

これを使いながら

「一体、一番最初にGP行くのに使ったタクシーの遅さは何だったんだ…」

とほぼ数分おきに首を傾げていました。あの会社はもう使わないよママン…。

その時の記事↓

ニュージーランドでの初めての捻挫、そして初めてのPhysio therapy
ニュージーランドに来て数年経ったある日、転んだ拍子に捻挫をしてしまいました。慣れない土地での捻挫はかなりショッキングで、どうしたら良いか分からず。しかも手順が分からないだけに症状が悪化してしまいました。

 

ランキングに参加しています。
1回のクリックが命を救います。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました