娘の10歳の誕生日(コーン蒸しパン編)

アイキャッチ画像
スポンサーリンク
レクタングル336×280




昨日は娘の誕生日でした

前回書いた記事から2日経ちました。

娘の作文「○○の9年間のふりかえり」
明日娘は10歳になります 5歳で英語を全く話せないままニュージーランドにきた娘。約5年過ごして間もなく10歳になろうとしています。 ...

昨日は一日娘に付き合っていたので書く時間が取れず今日の更新です。

すっかり体調が良くなった娘は元気を私達に振りまいて、私達の元気を存分に奪っていきました。振りまくのなら私達も元気になるはずなのに、反対に元気を奪われるとは。何か納得いきませんよね?世の親御さん方。

コーン蒸しパンを作りました

ちなみに前回の記事更新後、娘と一緒に蒸しパンを作ったのでそこから紹介します。

コーンチーズ蒸しパンの材料を入れ、水を注ぎ入れる

コーンチーズ蒸しパンの材料を入れ、水を注ぎ入れる

娘の希望で全ての材料を娘が計量しました。自分で作るのが楽しいのでしょうね。日本に居た時から娘は料理が好きでした。本当に私に似なくて良かったと思います。

かき混ぜます

かき混ぜます

娘の小さい手で一生懸命かき混ぜました。途中で手が痛くなったので私がその後ガッシガッシとやり切りました。

その後銀紙のカップに入れて蒸すこと約20分くらい。蒸しパンが出来上がりました。

出来上がり

出来上がり

ちょっと普通の蒸しパンと見た目が違うのがお分かりになりましたか?それは材料の一つに小麦粉があったんですが、実は必要量の3/4くらいで切れてしまったので、残りの1/4を思い付きで白玉粉にしてしまったからなんですね!チーズも入れたから余計にしっとりしたのもありますが。まぁでもこれが寧ろ結構良かったんです。モチモチして美味しかったですよ!

この蒸しパンには砂糖は全く入っていません。娘が甘いものが苦手なため、家で作るお菓子は大体砂糖は入っていないんですが、でもそれでも本当に美味しいです。良かったら試してみてくださいね!

パパが蒸しパンに大感激

この蒸しパンを帰宅したパパが見つけてそれはそれは感激ひとしおにムシャムシャと食べていました。愛する娘の作るものはパパにとっては全てがご馳走なのでしょうね。

ザ・父の愛ですね。

そういえば私が小学5年生の時に生まれて初めて家で作った料理のカレーは、夕方の5時から始めて8時まで3時間も掛かったのにも関わらず、出来上がったカレーは実に水っぽく(…というかもう水ですねこれは)、ジャガイモに何故か火が通っていなくてシャクシャクの食感でしたが、父は美味しいと食べてくれていました。

あの時から私の料理の腕は全く変わらないまま、気力だけだだ下がりに萎えていっています。本当にありがとうございます。

話は続きます

本当はもっと書くはずだったんですが、予想以上に長くなってしまったのでココにて一旦閉じます!続編もお楽しみに。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
レクタングル336×280




レクタングル336×280




シェアする

フォローする