娘の腹痛と日本語の難しさ

アイキャッチ画像 勉強
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

腹痛を訴える娘

新学期を明日に控えた娘。今日のお昼ご飯は家ランチ食べ納めという事で、オムライスを作ることになっていました。しかし昼前に「お腹が痛い」と訴える娘。

ちょっと気になったので、オムライスは変更せずとも、ちょっと内容を変えました。最近の娘はかなり食べるようになってきているので、お腹が痛いとはいえ野菜多めの大盛りオムライスにしたんです。

「お腹が痛くない場合は食べる」をどう言えば?

「お腹まだ痛い?食べられる?」と娘に訊くと

「お腹が痛い内に食べる」と返事。

「お腹が痛くない内でしょ?」と言い返すと

「そうだ、お腹が痛くない内に食べる」と娘。

 

でもふと気になったので、娘の思いを確認してみたら、言いたかったのは

「お腹が痛くない内食べる」のではなく

「お腹が痛くない内食べる」だったんですね。

 

スポンサーリンク

日本語の細かさ

前者は「多分これからお腹痛くなると思うけれど、今はお腹が痛くないから今の内に食べる」というニュアンスがあり、後者は「これからお腹痛くなるかどうか分からないけれど、今は痛くないから食べる」というニュアンスがありますね。

 

「に」と「は」の違いだけで、こんなに意味合いが変わってきてしまうんですね。これを文法から学んでいる外国の人はさぞかしご苦労されていると思います。私も英語でさぞかしご苦労していますから(涙

 

ランキングに参加しています。
1回のクリックが命を救います。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました