小学生の筆算に定規は必要?不必要?

小学生の筆算に定規は 必要?不必要? 勉強
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

事の発端

私がよく参考にさせて頂いている陰山先生のツイートを何気なく読んでいたところ、「筆算には定規が必要」と言う旨の発言がありました。私自身の記憶を辿ってみても、先生から定規を使って筆算をするように指導を受けた覚えがない(若しくは機会が少なくて忘れた)ので、一体何の効果を狙っているんだろうという、素直な疑問しか浮かびませんでした。

しかし読み進めていくと、所々にちらほらとその理由が書かれていました。定規を使わないと、筆算の縦横が揃わず、位取りの間違いを高い確率でしてしまうからなんだそうです。

先生に頼らず、娘に勉強を教え始めて数年経つ私は、娘のこのケアレスミスには頭を抱えていました。褒めたり宥めたり時にはムチも出してみたりともう嫌になるほど付き合っているのですが、もっと効果的で理にかなった方法はないものかと探していたので、早速この方法を試してみたくなりました。

最初は掛け算から

最初はこのドリルでの筆算から始めました。

「今日から筆算の横棒は全部定規で書いてみようね。」と伝えると案の定「どうして?」と疑問の声が返ってきました。「いつも筆算しているところ見ているけれど、あんまり綺麗じゃないことって結構あるよね。定規を使って線を引いてきれいに書くと、スッキリ見えて位も間違いにくいし、綺麗に計算出来るよ。」

娘もこれで理解したようです。定規を使っての筆算がスタートしました。最初は慣れない手つきで一生懸命定規で線を引き引き計算していたので最初はかなり時間は掛かりましたが、次第に娘も線を引くのに慣れて来たようです。少しづつ時間が短くなってきました。とはいっても定規を使わない時よりは時間はどうしても掛かってしまいますが。

スポンサーリンク

その後、掛け算割り算にも

その後は掛け算、割り算にも応用し、横棒を出来るだけ定規で引くようにしていきました。

定規で線を引くのは娘も気に入ったようで、このドリルをしている時に

私が言ってもないのに分数の線まで定規で引きはじめました。これは正直しなくてもいいかなと思っていたんですが、実際定規で引いた分数をみると綺麗なものですね。娘が飽きるまで定規で引かせても良いかなって思うようになりました。

結果は…

さて気になる結果です。いくら定規で綺麗に筆算が出来ても、うっかりミスがなくならなければ意味がないですものね。

 

ずばり効果あったと思います。

 

何故だか私も正直分からないところもあるのですが、綺麗な線を引くことで、自分がフリーハンドで書いた数字や足し引き等の記号も綺麗に書こうと思う意識が出てくるのかなと、娘を見ていて感じました。

日本の教育は素晴らしいですね。きっとこういうことを考えてのことなのでしょう。反面、この定規神話が行き過ぎて、テストの筆算では定規で書かない答えは不正解とするという変な話も聞きます。しかし行き過ぎたやり方でなければこれって結構いけるんじゃないかなとか思いました。

また勿論個人差もあると思います。娘は描画が好きだから定規で線を引くことも苦にならないのもあると思います。と言うのも、定規を使うことに否定的な意見では「線を引くことが手間だから算数そのものが好きじゃなくなってしまう懸念がある」という事も書かれていたんですね。個人差があり、お子さんによっては逆効果になり得ると言う事を踏まえながらも、我が家では効果がありました。

またこれからも様子を見て定規を使ったり使わなかったりしようかなと思います。

 

スポンサーリンク

補足:定規は短い方が良い

その後9ヶ月経ち、娘が定規で線を引くのもすっかり慣れ、計算中も定規でサッと線をひけるようになりました。その中で気が付いたことがありました。

 

ズバリ計算用の定規は短い方が良いです。

長くても15cmくらいのもので、出来たら10cmが良いと思います。
娘が小さな手で一生懸命持っている姿を見て実感しました。

こんな感じの定規が良いと思います。

 

補足2

先日からいきなり沢山の方々がこの記事を見て下さっているので、一体何事が起ったんだろう…とビックリしていたんですが、もしかしてツイッターの記事で炎上している流れでこの記事に辿り着いた方が多いのでしょうか…。

個人的な意見としては、定規使用は確かに効果はありました。しかしこれはその子供の性格もあるでしょうから、全員が全員絶対的に使うべきだとは思えません。しかもそのツイッターは「回答が合っているのにもかかわらず定規を使わないだけで×」という内容でした。私もちょっとその理由が分からないなあと思ったりしています。むしろそれが原因で×にする先生の話をちょっと聞いてみたいです。

 

 

ランキングに参加しています。
1回のクリックが命を救います。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました