友人との別れ

アイキャッチ画像 海外移住生活
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

出会いは3年前

その家族と知り合ったのは3年弱前でした。

同じ目的でこちらにやってきて、辿る道も私達とほぼ一緒でした、目指す職業が違うだけで。あと出身国も違います。私達は日本、彼らは韓国です。

3年近くもの間、色んなところに一緒に出掛けたり、友人宅でご飯をご馳走になったり何やかんや頻繁に会っていて、まさかこんな風になるとは全く予想もつきませんでした。

彼らがこれから取る道

いや予想がつかないというよりは、楽しすぎてそうでなかったら良いなあという気持ちが強すぎたんだと思います。

しかし先日その友人の口からこんな風な話を聞きました。

「仕事がオークランド外の地域で決まったから引っ越すことになった。」

確かにこの方法は間違いなく理に適っています。絶対そうすべきだと思うので、心からその考えに頷き、その決断に至った彼らの勇気に、心底敬意を抱きました。

…と同時に、何か私の心の中にポカンと心に穴が開いてしまったような気分になってしまいました。そう、私の勝手な思いで、ずっとここに居てくれたら良いのになと思っていたからですね。

 

スポンサーリンク

送別会

彼らの別れを惜しむ方々は他にも沢山いて、彼らのために送別会が行われました。

その友達と色々とこれからのことについて話をしていたのですが、そこでも韓国の文化を窺い知れるお話を聞けました。

どうやら韓国の方々は引っ越すと、その後にみんなを招待してパーティを開くんだそうですね。今は次第に廃れる傾向にあると言っていましたが、それでもまだ伝統的な文化であるこのしきたりは当たり前のこととして受け止められているようです。という事でその友人たちも引っ越し後にパーティを開く予定だということでした。引っ越してその次の日から一人は仕事を開始するというのに、どうやってそんな時間を設けるのと勝手に心配になりましたが、きっとどうにか上手くやりくりするのでしょうね。

因みにそのパーティは何て言う名前なのかと訊いてみたところ

“House warming party”

という答えが帰って来ました、でもその直後

「いやでもね、韓国語をそのまんま直訳するとちょっと違うのよ」

と言うので、英語への直訳ならどう言うのかと聞いたところ

“House lifting party”

何と、家を持ち上げるんだそうですよ!!

 

スポンサーリンク

次回遊びに行くときは

そんな訳で次回その友人宅に遊びに行くときは、トイレットペーパーを持っていこうと思います。頑張れば車で行ける距離です。ぜひ押しかけてキムチをたんまり頂いて来ようと思います!!

本日、最後の別れだったので、結構私も友人も湿っぽくなってしまいましたが、子供たちはその湿り気を吹き飛ばす水取りゾウさん↓

Amazon | 【ケース販売】 水とりぞうさん 550ml 3個パック×15セット(計45パック) | 水とりぞうさん | 除湿剤・乾燥剤
【ケース販売】 水とりぞうさん 550ml 3個パック×15セット(計45パック)が除湿剤・乾燥剤ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

かのようなカラッとドライさを保ち続け、お互いにメールアドレスを交換していました。まるで来週辺りにまた会えるような感じの軽いノリです。子供の柔軟性って素晴らしいですね。

 

彼らの未来が実り多いものとなりますように。

 

ランキングに参加しています。
1回のクリックが命を救います。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
海外移住生活
スポンサーリンク
スポンサーリンク
陽花里をフォローする
Sprouts Diary in NZ

コメント

タイトルとURLをコピーしました