数か月かかってようやく完成したものは

スピードハンターズ 勉強
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ようやく完成したものは

娘の8歳の誕生日プレゼントにこれを頂きました。

これを6月くらいから始め、亀の歩みのようにゆっくり進んでいたのですが、今日ようやく完成しました。

クロスステッチ中の娘

クロスステッチ中の娘

 

クロスステッチ出来上がり!

クロスステッチ出来上がり!

学期中は色々とやる事がありあんまり進んでいなかったのですが、このスクールホリディ中にかなりのラストスパートがかかりました。ひとえに私の足が原因で外に連れ出せないからですね!

初めてのクロスステッチの出来上がりに娘は大きく満足したようで、仕上がった直後に帰宅したパパにも見せびらかしていました。そしてこれでもかという程に褒めて貰っていました。

今度は何を作ろうか、色々と考え中です。

 

気持ちは分かるけれども

このスクールホリディ中に漢字をちょっと多めに勉強させているのですが、その中で「内」という漢字が出て来ています。娘は他の漢字がくっつくと何となく読めるんですが、この漢字単体だと難しくなるようで、何度読んでも「なか」と思ってしまうようです。

確かに「なか」も「うち」も似たような意味合いなんですけれどね、ここでは意味を聞いているのではなく読み方を聞いているので私もちょっと厳しめでした。

娘「なか」
私「うち。」

(他の漢字を読んだ後)

娘「なか」
私「うち。」
娘「…」

こんな調子が何度も続き、しまいには

娘「なかじゃないんだよね、えっとなんだっけ…」
私「うち。」
娘「(間髪入れずに)うち!!!!」

私に修正されるのがよっぽど悔しかったのでしょうね。
悔しかったら早く覚えなさいという所でファイナルアンサーです。

 

狩人が群がる街

夫が通勤中、私にこんな写真を送ってきました。

「日本語って読もうとしなくとも目に勝手に入ってくるんだよね。」と夫。

その写真がこれです。

スピードハンターズ

スピードハンターズ

日本ではカッコいいとして、洋服やら色んなところに英語が書かれていたりしますが、同様にこっちでもその逆の現象が起きていて、結構至る場所に意味不明な日本語があったりします。

これはズバリそのいい例ですね。もう一体何がスピードハンターズなんでしょうか。しかもハンターズという事は、この車以外にも複数台存在するということですよね。このスピードハンターズチームが必要とあらば相手を追い詰め、挟み撃ちにして手籠めにでもするのでしょうか。ああなんて恐ろしい!!!

荒くれ狩人が闊歩しているこの街。オークランド。
狩人と言ってもあずさ二号じゃないですからお間違えなく。

 

ランキングに参加しています。
1回のクリックが命を救います。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました