父の日に寄せた絵&胸がドキドキする事件簿

父の日によせて娘より娘と育児
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

父の日に寄せて娘から

かなり今更感が否めないのですが、先週日曜日は父の日でした。
日本では6月だったみたいですが、こちらでは9月にあるようです。

娘が父の日という事で、パパに絵を描いたようです。
毎回娘の絵を見る度に思うのですが、この才能ってどこから来ているのでしょうか。私が8歳の時は、確実にこれは描けなかったです。

父の日によせて娘より

父の日によせて娘より

Father’sを「ファーダーズ」と表記する当たり、この単語は日本語ではなく英語から知ったんだなという事が窺い知れます。来年はどんな素敵カードを作ってくれるのでしょうか。

小さな胸がドキドキするらしい

こちらには無料の小冊子「月刊ニュージー」というモノがあります。

Gekkan NZ

この雑誌にはこちらの現地のイベント事、映画情報、旬なアイテム紹介があり、情報盛り沢山なのですが、それと同時にこちらで起きた事件も紹介されているようです(正直この部分はあまり興味がないので読んでなかったです)。

それを登校前の娘が熱心に読んでいました。

「ジケンボってこっちで起きた事件?それとも日本?」

と訊いてくるので、こっちで起きたやつじゃないかなと答えると、娘は更に続けて

「なんかね。こういうのを見ていると胸がドキドキしてくるの。」
「早く解決しないと!って思っちゃう。」

そんな娘に、弁護士という職業があるよとそっと勧めておきました。

 

ランキングに参加しています。
1回のクリックが命を救います。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました