久し振りに娘に読み聞かせ

アイキャッチ画像娘と育児
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

娘に久し振りの読み聞かせ

娘には生後6ヶ月からほぼ毎日絵本の読み聞かせを始め、おかげさまで娘は本の大好きな子供に育ちました。こちらに来てからも暫くは読み聞かせをしていましたが、小学校に通いだした頃から、娘は次第に1人で読むことを好むようになり、そこから読み聞かせをする機会は激減しました。これが良い傾向なのか残念な傾向なのか分かりませんが、それ以降も娘の読書好きが変わることがなかったので、成長の1つなのかもしれないなと思っています。

そんな娘に本日読み聞かせを久しぶりにしました。読み聞かせた本の内の一冊がこれです。

[amazonjs asin=”B00G42MYB6″ locale=”JP” title=”いいおじいさんの話”]

おじいさんが天使と会話をすることによって、人はどう生きるべきか、本来の人間のあるべき姿は何なのかを思い出すお話でした。

全く読んだことのない娘は、作中に出てくる赤ちゃんの誕生に心を和ませ、またその親の改心に心を安堵させ、そしてお爺さんの想いに共感をしていました。

やっぱり読み聞かせっていいですね

久し振りに読み聞かせをして思ったのですが、やっぱりこういう機会がないと、娘が一体どんな表情で物語を追っているのか分からないものですね。読み聞かせをしなくなった分、自分が読みたい本を読めるようになったのは良いことなのですが、反面、物語の中で、娘の心惹かれるところが一体どこにあるのか、ぴたりとは分からなくなってしまうなという寂しさはあります。今日は久しぶりに一緒に同じ本を読めて、私も楽しかったです。小学校中~高学年のお子さんのお母さん、たまには読み聞かせも良いものですよ!

 

ランキングに参加しています。
1回のクリックが命を救います。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました