娘の幼馴染の男の子との繋がり

アイキャッチ画像 娘と育児
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本を離れる時にあったお別れ

娘が日本の幼稚園に通っていた時に、何気なく良く遊ぶ男の子がいました。そのお母さんとは娘が幼稚園に入園する前によく連れて行っていた児童館でお会いし、そこから親しくさせて頂いていました。そのお母さんと来年から行く幼稚園の話になった時に、たまたま同じ幼稚園だということが分かり、そこで更に良く遊ぶようになったという次第です。

幼稚園でも休みの間でも娘とその男の子は良く遊ぶ仲でしたが、年中の1ヶ月だけ過ごして私たちはこちらに来てしまいました。私がそのお母さんにニュージーランド渡航をお話した時は、自分の子供がかなりショックを受けるだろうと思ったようで、最後の最後まで言えなかったそうです。

案の定伝えた時は相当に落ち込んだそうで、「何故ひめじーらんどにいかなあかんねん…」とかなりの長い期間漏らしていたそうです。

その後も連絡を取り合う

こっちに来てからも、定期的にそのお母さんとは連絡を取り合っていて、去年あたりにその男の子が英語を習い始めたという事を聞きました。どうやら娘が外国に行ったことが強い引き金になったようです。

その後暫くしてからスカイプで話す機会もあったのですが、画面で見えるその男の子は見違えるほど大きくなっていました。そして幼稚園にいた頃ではあまり見せなかった、娘と話す気恥ずかしさが前面に出ていました。しかし最後に男の子はこう娘に言ってきました。

「俺なあ、英語頑張るから待っててなあ。」

娘はそんな事を言われたことはもう覚えていないでしょうが、私はその時の言葉がずっと忘れられずに、心の中でちょっとした瘡蓋みたいな感じの、少しの疼きの感情と共にその記憶が残っていました。

久しぶりに宛てた手紙

そんなお友達に最近娘が手紙を書いたんですね。実は長い間すごくゴタゴタしていたので、すっかり手紙を書く気持ちも飛んでいたのですが、最近手紙を書けるようになるくらいに落ち着いてきたんです。

喜んで書き始める娘。ちょっと簡潔ながらもなかなかの力作が出来上がりました。

しかし娘から受け取った手紙を封筒に入れ住所を書く段階になった時に、友達の引っ越し後の住所の控えがないことに気が付きました。

男の子の近況に心動かされる

暫くぶりにそのお母さんに連絡し住所を聞くと、ありがとうとすぐに返事が来ました。併せてその男の子の近況も書いてありました。

男の子が最近スカイプで週2回英会話を始めたそうです。なぜかと言うと、外国に行ってしまった娘、そして娘の友達と英語で話せるようになりたいからなんだそうです。以前からその男の子は娘がもう日本語を話さないんじゃないかと心配していて、でも英語なら話せると思ったのでしょう。

「スカイプで話しかけられていることが全く分からなくて、毎度不機嫌になりながらも、でもやめないのよ☺」

とお母さん。

私の心の中に「3年以上経っているのに未だに娘を覚えていてくれていて嬉しい」という気持ちと、「あんなに仲良く遊んでいたのに離れ離れになってごめんね」という気持ちと、あとは言葉にならない気持ちがごちゃっと綯い交ぜになって全く要領の得ない感情となっているのと同時に、その男の子の真っ直ぐな気持ちがとても良く伝わってきて、その後だいぶ気持ちを持て余してしまいました。

でもどんな理由であれ、子供の時から英語に親しむのは良いことですよね!いつか本当に来られるといいなと思います。

 

ランキングに参加しています。
1回のクリックが命を救います。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
娘と育児海外移住生活
スポンサーリンク
スポンサーリンク
陽花里をフォローする
Sprouts Diary in NZ

コメント

タイトルとURLをコピーしました