Jump Jam&作業も終盤?

ここの隙間を埋める予定 娘と育児
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

Jump Jam

その晩、娘がJump Jamの動画が見たいというので探してみました。
その日に学校で習ったそうで、先生に家で練習してきてと言われたそうです。どうやら体をウォーミングアップするような体操だそうです。まるで日本の準備体操のようですね。

探してみると思いのほか動画が沢山あり、どれを習っているのか分かりません。娘に5個くらい実際に見せては確認を取ったんですが、どれも習ったものではないという事でした。

それなら一番近いと思われるものを見せることに。
「JUMP JAM #1 NZ」というタイトルのものでした。

一緒に見ていたんですが、日本で行われている準備体操とは程遠く、かなりリズミカルでした。こういうところから如実に身体の動きに違いが出てくるのでしょうね。

本日の作業1回目

その翌日の今日、娘を送ると早速Mikeがやってきました。
今日の彼は少し大人しめな感じです。聞くとどうやら昨日転んで、膝を強か打ったそうで。
家族から病院に行けと言われているようです。

その彼は静かに手際よく作業を進め、1時間以内で一度帰って行きました。
乾いた頃にまたチェックしに来るそうです。

木枠にペンキを塗りました。

木枠にペンキを塗りました。

本日の作業2回目

2時間後に再度現れたMike。足を引きずってきました。
やっぱり膝が痛いようで、静かに作業をしていました。

30分ほどで作業は終わり、
「木枠と壁に隙間がまだあるから、今度来た時にでもちょっと埋めるから」
と言い残して帰って行きました。
痛そうですが、映画には行くそうです。そう彼の誕生日の映画です。

ここの隙間を埋める予定

ここの隙間を埋める予定

今までの工程を振り返っての私感

今まで長い工程でしたが、漸く終わりかなという予感を見せ始めています。
この工程を見ていて思ったのは、業者の仕事のクォリティは、その人の性格によって実に天と地ほどの差があるなということです。日本もそうだと言われたら、或はそうなのかも知れませんが、こっちはもっとどぎつい感じです。やっぱり移民の国だからモラルも違うし、どこまでがOKラインなのかというのも各人で悲しいくらいにばらつきがあるのでしょうね。
このばらつき。これが悪い面でもあるし、反面、同調圧力が不可能となる良い面になったりもするのでしょうね。

またMikeが来て埋めて、作業は終わりなのかもしれません。日本の常識で言うならそうだと思います。でもこちらはそうタカをくくっていると足元を掬われる結果になるので、ただただ事実を受け止めて行こうと思う所存です。

とりあえず一件落着(9割くらい)です!

 

ランキングに参加しています。
1回のクリックが命を救います。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました