ベロベロダンス

アイキャッチ画像夫のこと
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

それは歯磨き時に

夕飯を食べた後の歯磨き時。世のお母さん方ならよくご存じのとおり、ここら辺で子供の世話は「一日の締めくくりモード」となり、頭の中には蛍の光が流れているようなタイミングです。

と同時に、お母さん方の疲労感もかなりマックスに近いものがあると思います。例に漏れず私もそうでした。私も石地蔵のような硬い表情で娘を呼び、一緒に歯を磨くように促すと、

 

娘は向こうからルンルンの表情で、足取り軽やかに走りこんできました。

 

未だにもって謎なんですが、どうして親は疲れていると、こういったもう元気溌剌の子供の迸るエネルギーを見るだけでも、ごっそりと体力を奪われてしまうのでしょうか。

私の前に立ちはだかる娘が嬉々として始めたものは…

「はぁ。。。もう寝るというのにご機嫌でご機嫌で。本当によござんしたね。。。」と心の中でぼやきながら用意をしていると、手持ち無沙汰だった娘は私の前に向き合って立ち、

それはもうニコニコ顔で、頭を交互に左右2回ずつリズミカルに振りながら、舌を同じタイミングで同じ方向に出して踊り出しました

 

「みてぇ~~。ベロベロダンス!!

「前々からこれあったんだけれど、いまこれに歌を作ってみたの~!!」

 

そう言っては、今度は歌付きで踊り出しました。歌と言っても舌を振った頭の方向に合わせて出すので、歌詞という歌詞はなく、ただただ喃語のような声なんですが。

「あ~あああああん、ああんあん!!」

心身疲れ切って石地蔵になった私の前で、嬉々としてこんな歌を歌っては舌をビヨ~~ンと伸ばしては頭を左右に振って踊る訳です。

 

スポンサーリンク

 

もうあまりにバカらしくてバカらしくて。思わず笑ってしまいました。
前々からあったということは、娘はしばらく前にこれを思いつき「こりゃいいわ!」と感動し、ずっと覚えていたってことですよね。こういうものだけは本当に記憶力が抜群な娘です。

「パパにも見せてきて」と娘を向こうに行かせて片づけを済ませ、みんなの場所に戻ると、パパが笑いながらこんな事を伝えてきました。

「もうね、喜んじゃって喜んじゃって。」

「ママはいつも『はいはい、分かった。』とか言うのに今回は笑ったよ!!って。」

そしてパパが隣の部屋に行く前も、私を振り返っては「本当に喜んでいたよ。」と言い残していきました。

そんなに嬉しかったのね、娘さん。

掌をかえすのも得意な娘

でもあるコトを「したい!!!」と言ってきた時に、私が「ベロベロダンスしてから」とお願いした時は、それはそれは全くやる気ゼロで、申し訳程度に踊っては「はいもうこれで良いでしょ…」とぶっきらぼうに返す娘です。実に上の話から数分後の出来事ですが。もうこの正直さがたまらないです。

 

ランキングに参加しています。
1回のクリックが命を救います。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました