AMPエラーが出たので対応してみた

アイキャッチ画像気になって調べたこと
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

Simplicity2からCocoonへ

数年Simplicity2というテーマを使ってきたのですが、最近、後続版のCocoonに乗り換えました。

一言でいえばCocoonに乗り換えて本当に良かったです。初心者の私でも色々とおすすめポイントがありますが、この話はまた後で。

Cocoonに乗り換えた際、AMPというものを有効にしてみました。

正直申し上げまして、AMPが一体何者であるかは全く分かりませんでしたし、今もそうです。ただ最近様々なところでその言葉を聞くので入れてみました。私の場合、色々と調べ尽くした後に入れるかどうか考えるよりも、実際触ってその違いを確認したほうがしっかり理解出来るんですよね。

AMPとは?

参考にしたサイト様

そんな私ですが、AMPを理解するのにこんな所を参考にしてみました。

AMPとは | SEO用語集:意味/解説/SEO効果など [SEO HACKS]
SEO界隈で噂のAMPの仕組み等について解説。AMP(Accelerated Mobile Pages)とはGoogleとTwitter共同開発の、モバイル端末でWebページを高速表示するためのPJ、またはそのためのフレームワーク(AMP HTML)のことです。AMP化対応によるメリットや効果についても解説。
【AMP】Googleが推進するAMPとは?概要と対応方法まとめ
【2018年4月更新】AMPとは、Googleが推奨しているコンテンツを高速に表示させるための手法のことです。2016年にリリースされ、現在ではECサイトやグルメサイトなどにも対応できるフレームワークやテンプレートがオープンソースで公開されています。この記事では、AMPの概要に関する説明や実際のソースコードの解説などを...

それによるとどうやら

AMPとは
Googleが推進している機能で、Googleでキャッシュを持つことで、個人のモバイル端末で早くページを表示させる働きを持つもの。

なんだそうです。

AMPのキャッシュ更新頻度

ここでいつもの素人の疑問なんですが、
このキャッシュはどれくらいの感覚で書き換えられるんでしょうね?

調べてみたんですが、明確には記載されていませんでした。
ただそのタイミングの1つとして

キャッシュされたページを誰かが検索した時、Google側がキャッシュが現在のページと合致しているのか判別し、違う場合そのタイミングで差し替え→次の検索した人が見えるようになる。

だそうです。

そうなの?それならじゃ最初の人は踏み台ね☆

まぁでもこのサイトによると更新頻度に関してはそんなに待たされないらしいので、私みたいな素人なら特に悩むところでもなさそうです。

Googleに読み込まれたAMPページは後でも更新可能。それよりもエラーチェックを入念に。
GoogleのAMPで検索結果表示されるようになると、ampに結構なトラフィックが来るようになります。このAMP、あとで「記事更新したい」「レイアウト変えたい」と思った時に更新できるんでしょうか・・・?

でも強者はどうにかこうにかして、さっさと更新してしまう術を持っているようです。

Update AMP Content  |  Google AMP Cache  |  Google Developers

…RSA鍵と言う言葉が出てきた段階で、一発で私の頭がショートしたので、少し冷ましてきました。

ITにまつわる○○鍵というと「昔そういえばEmailを送るときに鍵を付けて送る人がいたなあ」くらいの認識で終わっています。

スポンサーリンク

Google Search Consoleからメール

そんな感じでCocoonでキャッキャウフフしている折、1通のメールが届きました。

送り主は天下のGoogleです。

一体どんな内容だったのでしょうか。

Googleからの緊急メール

Googleからの緊急メール

AMPの新たな問題…(戦慄

Google Search Consoleでのエラー詳細

具体的に何が拙かったのか

「AMPの問題を解決する」ボタンから飛んだ先は、自分のアカウントのページでした。

初期検証中

初期検証中

この「最後の審判」的な待ち時間…(恐

 

砂を噛むような時間が過ぎ、ついにはGoogleから警告の内容が明らかに。

「何個かのブログ記事の画像が推奨サイズより小さいから、適切なサイズの画像にしなさい」

ああーー。なるほど。
よくよく考えてみると、貰ったメールにそう書いてありましたね…。

そしてその下には、警告の内容が該当する記事がリストアップされてありました。

3つの該当記事

3つの該当記事

実際その記事を確認してみると、実に小さい画像でした。

あれ、こんなちっちゃいアイキャッチ画像使ったっけ…。

結局のところ

AMPのエラーは、詳細にはアイキャッチ画像が小さすぎる

と言う内容でした。

もっと深刻なものだと思っていたのでホッと一安心です。

 

修正作業開始から終了まで

早速手直し作業開始です。
直すところは3つだったので、作業自体はそれほど時間もかからず終わりました。これで問題解決!

満を持して「修正を検証」ボタンを押下。そうしたら次の画面が出てきました。

これはどうなったのか…

これはどうなったのか…

警告が消えない…。
これは一体どう意味だろう…?

ちなみに同じタイミングでGoogleからメールも届いていました。

検証中だそうだ

処理したらお知らせ?

数日掛かることも?

なーるほど、天下のGoogle様はすぐに人を安心させることはしないんですね!

と言う事で待て次号となりました。本当にありがとうござました。

 

ランキングに参加しています。
1回のクリックが命を救います。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました