ニュージーランドに持ってきた方が良いもの

アイキャッチ画像
スポンサーリンク
レクタングル336×280




ニュージーランドに住んで5年経つ私が選んだもの

こちらに来て実は本日で丸5年になります(パンパカパーン!!)

日本を発つ前は何をニュージーランドに持っていけば良いかさっぱり分からず、色々とネットを漁ったりもしました。しかし何だか良い情報が得られずスッキリしなかった思い出があります。まぁ今になってみれば本当にいい思い出ですが。

そして丸5年と言う今日を勝手に祝して、今度は私がその情報を提供したいと思っています。

持ってくると良いモノ(大人編)

サングラス・帽子

これは絶対に外せません。こちらの紫外線は日本では想像も出来ないくらいに強く、実に日本の紫外線の7倍です。寒いのに日差しだけ強くて目を開けてられない(特に夕方)、夏の間は何故か太陽を浴びただけで疲労感半端ない、太陽で頭痛を起こす、こういう事が日常的に起こってきます。

確かにこっちでも売っているのですが、何しろ商品にどの程度の遮蔽率なのか、どの程度目や肌を守ってくれるのかという詳細な説明がありません。それなのに結構いいお値段だったりします。ここら辺がニュージーランドらしいと言えばその通りなんですけれどね。

私はこれを使っています。

長靴

ニュージーランドはこれから雨の季節になります。冬の時期はほぼ毎日降ってもおかしくないでしょう。そして一度降るとスコールのようになることも珍しくありません。幸いなのはこれが一日続くわけじゃないという所です。スコールの時に外出となるとまず靴が濡れますので、長靴があると便利です

しかしニュージーランドの長靴は農作業用の長靴かと思うくらいに重い…。

ぜひ日本から持っていくことをお勧めします。下のような感じの本当に安いので十分です。近くのスーパーとかで売ってるやつで十分です。

私も上みたいなブーツタイプの長靴を持っていきましたが、現地の人に「これはどこで買ったの?」とよく聞かれます。本当にないのかもしれませんね。もしかしたら高いお金を出したらこちらでも買えるのかもしれませんが。

因みにこっちで長靴はGumbootsって言いますよ。もしニュージーランドで買う事になるのならGumbootsって言えば出してくれます。

レインコート

これもこれからの季節にとても役立つアイテムです。

ニュージーランドの冬は雨も降りますが風も台風並みに強いことが多いです。要するに雨風強いという厄介な季節です。そういう時は傘を差してもひっくり返る事もあり破損の原因になるので避けたいところですよね。

そこでお勧めしたいのがレインコートです。こちらのレインコートもしっかりな値段を取って来ますから、ぜひ日本から持って来て下さい。長靴と同様、イオンなどのスーパーの日用雑貨品コーナーで扱っているような感じので良いです。

上のような画像のやつで十分だと思います。

靴も長靴と同様で質が良いのかどうか…という感じです。正直言うと期待できないです。勿論良いものももちろんあります。でも日本より断然高くなってしまう。

私は4足くらい持っていきました。日本から持っていくのが吉です。

ホッカイロ(湯たんぽ)

これからの冬の時期、とにかく寒くなります。しかし何が寒いかと言えば家の中が断然に寒いんです。下手をすると外の方が暖かいくらいです。これはニュージーランドの家の作りがショボイのと体感温度が太陽の光に大きく左右されるからなんですね。

もしスペースがあるのならホッカイロは持ってきた方が良いかなと思います。もし入らなくても、家に居るならこちらで広く使われる湯たんぽがあるのでそれでも代用できるかと思いますが(ラバー製なので破れやすいので注意です)。

それで思い出しました。ホッカイロが消耗品でもっていくのが躊躇われるなら日本製の湯たんぽはスグレモノなのでお勧めです。

ちなみに下の写真のタイプの湯たんぽはニュージーランドで800円くらいで売っています。品質は違う気もしますが。分かりませんが。

因みに私はこのタイプの湯たんぽを使って、3度ほど湯たんぽのラバー部分が破損して熱湯が私の足にドバドバっと掛かったことがありました…。見ると熱湯を入れると劣化の原因になるそうです。使われている方、気を付けてくださいね。

文房具

もうこれはダントツにマストアイテムです。こちらの鉛筆・ボールペンはガッカリな品質です。鉛筆に至ってはボキボキ折れて、結局折るために削ってるのかという気にすらなります

上の商品名入れで12本800円なんですね。さすが日本はすごいなぁ…。これをいま書いている私が感動しました。いやこれを買えという訳じゃなく、安いので十分です。日本の製品は安くても最低の品質は約束してくれますから。

またもし鉛筆を持っていかれるなら鉛筆削りもあると良いですが、これは荷物と相談してみてください。あると便利だし、こっちは小さいモノしかないので。ほらよく鉛筆入れに付属しているような小さなものあるじゃないですか。

このようなものだけです。

日焼け止め

他の方は分からないし、ニュージーランドの日焼け止めの効果は確かなのかもしれませんが、ニュージーランドの日焼け止めは何故か毎回目に沁みるんですよね…。目に沁みて気になってしまうんです。日本では経験したことがないので最初戸惑いました。やっぱり自分の肌に合う日本の日焼け止めを持って行った方が良いかなと思います。

化粧水

化粧水も日焼け止めと同様です。自分が持って行った化粧水が切れたので近くのスーパーで化粧水を買ってみたんですが、匂いが結構きつかったです。こちらはオーガニックのものも多いので探せばいいものも多くあるのかもしれません。しかしもし短期で来られるなら手持ちのものを持っていくのが吉です。

もし何もこだわりがないのでしたら、取りあえずはこういう安いのでも十分だと思います。数百円で買えるものですが、それでも日本人の肌には合っています。それから次の化粧水をこちらで探しても良いかなと思っています。

目薬

こっちは目薬が全くありません。ロートZみたいなものが全くないし、存在すら感じさせません。目薬ヘビーユーザーならマストアイテムです。

ロートZと書いておきながら上のリンクにスマイル40を貼るあたりが私クォリティですね。 

持っていくと良いモノ(子供編)

子供の必要なモノは大体大人のものと被るのですが、うちはこれを持って来て良かったなと思うものを書いてみます(人によっては必要ではないかもしれません)。

石鹸シャンプー

ニュージーランドでは純石鹸がありません。5年探しましたが見つからないです。もしかしてお高いのならあるのかもしれませんがそれは私達のニーズにはマッチしていないのですよね。

一度「見つけた!」と思って買ってみたんですが、よくよく見るとそこには蛍光剤が使われていました。そう洗濯用の石鹸でしたよ…。

ということで日本の格安の純石鹸はこちらには無いので、もしお子さん連れで子供には純石鹸を使わせているというご家庭なら持って行った方が良いと思います。

国語辞書・漢字辞書

もしお子さんに日本語を維持させたい方はこれはぜひ持って行った方が良いです。欲しい時にこちらで買うのは不可能ですし、言ってしまえば数千円で買えるので、コスパは果てしなく良いです。

国語の大切さについての私の考えはこちらに書いてみました。

子供への日本語教育は英語学習に好影響?悪影響?
日本語の教育はするしない? 現在我が家はいろんな事情から娘に日本語教育をしています。最初はやるつもりもなかったのですが、ある事がきっかけで...

ちなみに子供に辞典を引く習慣を付けさせるのは、親が口頭で「辞典を使いなさい」と言うだけではまず無理で、まず一緒に辞典を引いて意味を味わってみるところからスタートするのが一番です(親が引かないのに子供が辞典を引くことはないので…)。

教育に関しては本当の事を言えばもっと紹介したいものもあるのですが…。もしご興味があればこのブログの「勉強」カテゴリを読んでみてください。

まとめ

色々と連ねましたが、荷物の量も押さえないといけないですし、自分のニーズに合わせて取捨選択をしてみてください。特に子供の必要品に関しては個人差が大きいですしね。何かのお役に立てれば幸いです。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル336×280




レクタングル336×280




シェアする

フォローする