娘と久しぶりにクッキー作り

アイキャッチ画像
スポンサーリンク
レクタングル336×280




久し振りに娘とクッキー作り

今日は訳あり、娘は学校をお休みしました。その用事は昼過ぎに終わり、その後は娘は自分のやりたいことを散々堪能していたのですが、さすがに次第に飽きてきたようです。私に一緒に遊ぼうとせがんできました。

娘は人生ゲームをやろうと言い出してきましたが、2人でやる人生ゲームがそこまで面白いものとは思えず、どうしてもやる気になれませんでした。かといってこのままだと娘も退屈だろうし…そうこうしている折、何故か私の頭の中に「クッキーを作ると良いよ」というメッセージが下りてきました。

その直後にクックパッドを検索。これまた偶然にも用意する材料が3つだけ、混ぜて焼くだけという至ってシンプルなレシピを見つけたんですね。クックパッドを検索してから1分以内に見つけた奇跡です。

話題入り感謝です♫卵もバターも使わない♫材料3つで簡単に、サクホロクッキーが作れます(^^)♡

早速クッキー作り開始

早速クッキー作り開始です。今回はやる気がありすぎて、やる気が衣をまとっているかのような娘に作業工程のほぼ全てをお願いすることにしました。

「いいよ~!」

快く娘は快諾です。ここからは写真と一緒に経過を見ていくことにします。

娘が材料を計量して入れました

娘が材料を計量して入れました

娘が材料を混ぜています

娘が材料を混ぜています

混ぜ込んだ生地がまとまってきました

混ぜ込んだ生地がまとまってきました

今度は娘が型抜きをしていきます

今度は娘が型抜きをしていきます

色んな形のクッキー生地が出来上がりました

色んな形のクッキー生地が出来上がりました

焼き上がりです!

焼き上がりです!

クッキーを作った理由

私がクッキー作りをしようと決めた時には全くそこに理由はなかったんですが、クッキーの出来栄えが娘の思ったモノになってくる内に、娘がこんなことを言いだしました。

「パパのこの前の、あの活躍のご褒美にしよう!これは○○からの!」

いきなりのご褒美クッキーとなってしまいました。しかしそれで娘が更に喜ぶならそれで全然良いです。

そうと決まると娘は

「パパが帰ってくる前迄に全て片付けを終わらせて、何もなかったかのようにしたい」

と言い出し、その直後からものすごい勢いで片づけを始めました。あまりやったことのない、まな板に洗剤を付けて洗うのも秒速の動きで始めた娘。しかももう1年位は洗っていると言わんばかりの手慣れた様子でした。さすがやる気がある娘の行動にはキラリ光るものがあります(やる気のない時の娘は反対にもうダメダメですが)。

実はクッキーを作っている時、私からリアルタイムで帰宅中のパパに伝えていたのですが、こんな状態でパパが帰宅した時に「クッキーは焼けた?」なんて言おうものなら、娘は心底ガッカリも良い所なので、パパには改めて娘がこのクッキーをサプライズにしたがっている旨を伝え、帰宅後にクッキーを見た時には、くれぐれも何も知らなかったかのように驚くようにと伝えておきました。

パパは快諾し、実際帰宅した時には真に迫った演技でもって心底驚いた様子を見せていました。それを見た娘は心底満足そうでした。

この様子を見て私はふと

「接待クッキー教室」

と言う言葉が思い浮かびました。

でもいいんです。娘が喜ぶなら。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
レクタングル336×280




レクタングル336×280




シェアする

フォローする